SR125(2017年)

ごまかしバイクファッション★ユニクロのブロックテックフリースパンツを穿いたら「ボンスリ」だった件

2017年1月現在、冬眠もせずに越冬中のSR125なんですが、冬のバイク乗車時に穿くボトムが無くて昨年より困っておりました。(ビラーゴ250時代は冬眠するため冬服が不要だった。)

で、年明けにユニクロに行ったついでに安かったブロックテックフリースパンツも購入。

税込1290円という手頃さと「防風」の文字に惹かれ、近距離でのバイク用に良さそうかと思い、風のない天気の良い日にさっそく試してみたところ、確かに防風効果があって暖かさは感じました。

下に五分丈インナー+ハイソックスに加えてロングブーツでブーツインすれば、気温15℃位の近距離で速度も40~50km程度なら大丈夫そうかと思ったのですが、試着したにも関わらず私は大変なミスを犯しておりました。

乗車途中、野暮用で自宅に立ち寄った際、鏡に映った己の姿に衝撃を受けました。

サイズが合っていないようで、ブロックテックフリースパンツが全く似合っておりませんでした。

ワタリ幅が太すぎるようで変にもたついており、ブーツインしていたため下半身は族っぽい出で立ちに。。。

試着した際は穿けた事に気を取られてしまったようです。

かつて試着したボトム類は細すぎて穿けない事があったため、穿けた事に安心してしまったかもしれません。

それと同時に高校生だった頃に経験した忌々しい記憶も蘇りました。

当時、自分が良かれと思って穿いていたボトムを同級生の男の子に「ボンスリ」と言われたどうにも下らない出来事です。

「ボンスリ」の意味が分からなかったので「ボンスリって何?」て聞いたら「下(裾)がすぼまっているズボン!」との返答。

この単語は限られた年代と人物にしか知られていないと思うのですが、1980年代に流行ったビーバップハイスクールなどの不良漫画や映画で主人公らが着こなしていた変形学生ズボンの一種だと思われます。

他にもメジャーな所で「ボンタン」「ドカン」なんかが存在します。

で、今回安さに釣られて購入してしまったブロックテックフリースパンツが、自分で納得して購入したにも関わらず、黒くて下がすぼまっているスタイルから「ボンスリ」に思えてきてしまい。。。

40過ぎて「ボンスリ」穿いて、バイクには正月飾り。。。

当時「ボンスリ」と言い放った同級生や似たような発言をする兄に見られたら。。。と思うと心の安定が保たれませんでした。

SR125
OLYMPUS E-PL6 / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ / ドラマチックトーン

せっかく購入したブロックテックフリースパンツは一度しか穿いていませんでしたが「闇に葬るしかない。。。」という決断を下すしかありませんでした。

闇に葬ると言っても、一度しか穿いていない服を捨てるなんて勿体ないので母親に譲ろうと実家に持っていったところ、留守だったので居間に置いてそのままSR125に乗車。

帰宅後、母親が興奮気味にブロックテックフリースパンツが欲しくてたまらないオーラを発していたので譲ったところ、たいへん気に入って受け取ってくれたのが唯一の救いであります。

ちなみに太っていた母親がかつて通販でジーンズを注文した際、兄が「ボンジーか?」と嘲笑していたことも「ボンスリ」と同様に思い出しました。

ボンジーもしくはジーボンは、ボンタンのジーンズバージョンみたいなボトムになるのかなぁ。。。

ビーバップハイスクールに夢中だった兄のファンションに対する表現の乏しさが今となっては可笑しくもあります。

若い頃は何を着てもそれなりに収まっていた気がするのですが、40歳あたりから以前着ていた服が似合わなくなりました。

微妙に体型が変化しているのでしょうか。。。

結局冬に穿くボトムがなくなってしまったので、カタログ通販のバーゲンで裏がフリースのボトムと中綿が入ったボトムを買い直し。

股下・ワタリ幅・裾幅などが明記されているので何とか自分の体型に合ったものが購入できたと思います。

ハングライダーバイク写真と潜在意識に刻まれていた風景☆鏡山から飛び立つハンググライダー(佐賀県唐津市)前のページ

レタス畑のビニールハウスと6cmの小鳥☆YAMAHA SR125次のページSR125

関連記事

  1. 合格駅とSR125

    SR125(2017年)

    合格駅前で記念撮影☆YAMAHA SR125(大井川鐵道 五和駅)

    2017年2月3日、SR125で大井川鉄道の新金谷駅近くに立ち寄った前…

  2. 日坂宿本陣跡とSR125

    SR125(2017年)

    東海道日坂宿本陣跡と藤文で記念撮影☆YAMAHA SR125

    2017年5月19日、SR125で東海道日坂宿に行ってみました。…

  3. 桜とバイクのある風景

    SR125(2017年)

    早咲きの桜と、バイク写真☆YAMAHA SR125

     OLYMPUS E-PL6 / SIGMA 30mm F2.8 DN…

  4. 桜とSR125

    SR125(2017年)

    桜に見とれてヒヤリ・ハットしたので翌週現場を確認してみた☆YAMAHA SR125

    2017年4月12日、SR125で2度に渡って近場の桜を見に行った前回…

  5. 富士山と大井川とバイクのある風景

    SR125(2017年)

    富士山に向かって☆YAMAHA SR125

    2017年1月7日、前年より16日間放置したSR125のご機嫌伺いを兼…

  6. 畑無の池

    SR125(2017年)

    行けなかった池にやっと行けた☆YAMAHA SR125

    2017年11月中旬、SR125で以前から行きたかったけど行けなかった…

最近の記事

  1. シューパロ湖
  2. 夕張市石炭博物館の立坑櫓
  3. 北炭幌内炭鉱立坑櫓
  4. 住友奔別炭鉱立坑櫓とトンボ
  5. 腹に巻いたDUO FAN

アーカイブ




  1. 富士山と大井川とバイクのある風景

    SR125(2017年)

    富士山に向かって☆YAMAHA SR125
  2. オートバイと茶畑と富士山

    SR125(2016年)

    薄い富士山と、バイク写真☆納車3週間のYAMAHA SR125
  3. SR125

    SR125(2016年)

    恐怖で神秘の森を速攻でUターン☆納車2週間のYAMAHA SR125
  4. SR125と蔦紅葉

    SR125(2016年)

    蔦紅葉と☆納車1ヶ月のYAMAHA SR125
  5. トーマス号とSR125

    SR125(2017年)

    田舎道・突如現る人気キャラ3連発☆YAMAHA SR125
PAGE TOP