バイク用品・備品

双眼鏡【ビクセン アクティ HP8x21】「なら100年会館」で使った感想

ビクセン アクティ HP8x21
Vixen ACTY HP8×21 Red

2021年11月6日、布袋寅泰ライブで「なら100年会館」へ行ってきました。

席は後ろに近い3階だったため、行きがけに京都駅のヨドバシカメラでタイトルにある双眼鏡を買った次第であります。

今回は双眼鏡【ビクセン アクティ HP8×21】を「なら100年会館」で使ったレポートとなります。

ビクセン アクティ HP8×21

ビクセン アクティ HP8x21 
繰り出し式目当て 繰り出し式目当て

倍率は8倍、コンパクトな手のひらサイズでストラップとケースも付いていました。

使い方は、左目で覗きながら中央のピント合わせリングを回し、右側の視度調整リングを回してピントを合わせるといったところです。

双眼鏡初心者に加え、購入して数時間後に使ったため、正しい使い方が出来ていないながらもライブでは演奏する手元や楽器を見ることができ、購入して良かったと思えました。

ただ、繰り出し式目当ての存在に気付かず、ライブではそのままの状態で使用したため、双眼鏡にまつ毛が当たって気になっていました。

ライブでは双眼鏡を使い続けるということはなかったため、使用感についてはこんなものかと思いましたが、私の使い方が間違っていたようです。

メガネをかけたままなら繰り出す必要はありませんが、次回使う時は繰り出すことを忘れないようにしたいと思います。

前述の通り、双眼鏡は京都駅のヨドバシカメラで4520円(税込)で購入しました。

以前はイベントで貰った玩具的な双眼鏡を使ってライブを楽しんでいましたが、紛失してしまい新たに購入した次第であります。

双眼鏡初心者で使用頻度も少ないため、予算は5千円以内、自分の手に馴染んで使い勝手が良いもの、店頭に在庫があるものを選んだ結果、ビクセン アクティ HP8×21となりました。

色は同じもので黒もありましたが、なぜか黒の方は価格が高かったです。

暗い会場内では、赤の方が双眼鏡の存在が分かりやすいかと思い、赤色を選びました。

個人的には3千円くらいで収めたかったのですが、そのクラスだと種類が乏しく、明るい屋外向けな感じでした。

店内の双眼鏡売り場は、5千円くらいから始まる商品が多かったです。

暗いコンサート用の双眼鏡のオススメ倍率は8~10倍との記載がありましたが、10倍だとカメラの望遠レンズみたく、見たいものを捉えてもプルプルしちゃいそうで、無難に8倍にしてみました。

なら100年会館の3階席から見た感想

3階席は行くまでに高さを感じられてちょっと怖さもありましたが、そのおかげでライブ自体は良く見えました。(席の間隔も一人分あいていたこともあり)

布袋ライブは男性ファンが多いため、前方に背の高い男性がいると見えないことがよくありましたが、「なら100年会館」の3階席は、1段1段に高さがあるおかげで座っていてもよく見えました。

でもやっぱり演奏者まで距離があるため、双眼鏡はあった方がよりライブを楽しめると思いました。

私は楽器演奏を見るのが好きなので、3階席からの倍率8倍の双眼鏡はちょうど良い距離感でありました。

次に狙う双眼鏡

興福寺国宝館のポスター

今回は3階席だったので8倍の双眼鏡がちょうど良かったですが、逆に1~2階席だとしたら、倍率は半分の4倍くらいで十分かなぁ。。。と感じました。

4倍の倍率だったら、美術鑑賞にも使えそうなので次は4倍の双眼鏡を検討中。

ぢつは翌日、興福寺の阿修羅像を見に行った際、双眼鏡を持っていないことをすごく後悔しました。

見学を終えた後、美術鑑賞用の双眼鏡が売店に販売されていましたが、双眼鏡に関しては鑑賞前にアピールしてほしかったな!

布袋ライブも美術鑑賞も1年にあるかないかの頻度ですが、双眼鏡はあった方がライブも美術鑑賞も何倍も楽しめることは確かです。

両方とも、肉眼では見えない細部を見ることができます。

視力が優れているなら双眼鏡は不要かもしれませんが、私は強度近視に加え、最近は老眼も気になっております。

双眼鏡があった方が、本当に楽しめるので激しくオススメいたします!

おまけ

梅とメジロ
バイク散歩途中に撮影したメジロ

今回購入した双眼鏡ですが、お散歩ツーリングがてらのバードウォッチングに使えるかも。。。?と感じております。

年明けは、ウグイス探しのバイク散歩も楽しそうかも。。。♪ なんて妄想したり。

いまのところ本格的なバードウォッチングは未経験で実施する予定もないですが、今後の趣味については自分でも予測がつかないこともあります。

以前はまったく興味のなかった貨物列車撮影ですが、最近は気が向いた時、バイク散歩途中に行うようになりました。

そんな流れでバードウォッチングに目覚める可能性もないとは言い切れないので、バイク関連の備品としてブログ記事に入れてみた次第であります。

【Hondaウエルカムプラザ青山】F1マシンと展示バイクを見てきました前のページ

【ダイワロイネットホテル奈良】ライブ遠征(なら100年会館)で宿泊してみました次のページなら100年会館

関連記事

  1. ZENITH YJ-17

    バイク用品・備品

    【ヘルメット買替え】ZENITH YJ-5からYJ-17へ

    2017年9月、ヘルメットを12年ぶりに買い替えました。…

  2. 腹に巻いたDUO FAN

    バイク用品・備品

    DUO FAN(デュオファン)★首掛け扇風機を腹に巻いての作業レビュー

    2020年8月、あまりの暑さに購入してしまった光る首掛け扇風機…

最近の記事

  1. カワサキ グッズ
  2. 桜と茶畑とバイク乗り
  3. 藤棚とバイク乗り
  4. シロツメクサとストールをなびかせるバイク乗り

アーカイブ

  1. ツツジと藤の花とオートバイと女性ライダー

    SR125/2021年

    里山お散歩ツーリング☆初夏の花植物とバイク写真撮影
  2. 茶畑を散歩する犬

    SR125/2017年

    リアブレーキを利用した茶畑での坂道後退★YAMAHA SR125
  3. セルフポートレート イチョウとバイク

    SR125/2021年

    バイクポートレート★イチョウの落ち葉に要注意
  4. バイクと彼岸花のある風景

    SR125/2019年

    彼岸花と、バイク写真☆YAMAHA SR125
  5. 久延寺の山門とSR125

    SR125/2017年

    YAMAHA SR125で行く小夜の中山峠☆久延寺と扇屋の前で記念撮影
PAGE TOP