22年目のビラーゴ/2015年

【御前崎】最後のキラキラツーリング☆22年目のビラーゴ

※当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。

灯台から眺めた御前崎海岸

2015年10月9日、購入から22年目のビラーゴ250の記録です。

バイク屋さんで乗車中に感じる不具合を直してもらったのに、試運転で終わってしまった同年夏のバイク乗車でしたが。。。⇒修理後の試運転とバイク写真☆22年目のビラーゴ

その後、自分の体調もようやく落ち着き、バイク乗車したいと思えるようになった頃には季節が変わっておりました。

バイク乗車時の冷え対策

久々にバイクで出掛けたいと思った先は御前崎でした。

御前崎はビラーゴを購入した当初、毎週のように走りに行っていた懐かしくも定番のコースですが、四十路前くらいから夏でも下半身冷えが酷くなり、その頃にはハードルの高い行き先になってしまいました。

2年前に出掛けた以下の時も、帰宅して数日間はバイク乗車による下半身冷えに悩まされて辛かったです。

そのため、冷え症が酷かった時はちょい乗りと言えども、腹巻き2枚重ねを試みたりと装備に時間を取られておりました。

そんな経緯もあり、手っ取り早く冷え対策が出来ると思って購入したのが「よもぎ温座パット」!

こちらは女性専用、お股のカイロです。

私は特に股の冷えが酷かったので、こちらのじんわりとした暖かさが心地良く、バイク乗車の際はしばらくお世話になっていた秘密グッズであります。

準備を整えたら、お股がHOTな内に目的地である御前崎を目指します!

御前崎灯台に初潜入

御前崎灯台

御前崎灯台の駐車場と海岸

今までは通過するだけの御前崎海岸でしたが、今回は灯台に登るために停車。

平日でガラ空きだったため、どこにバイクを停めて良いのか悩んでしまいました。

バイクは写真中央に豆粒の如く存在。

御前崎灯台を登る

御前崎灯台の階段
御前崎灯台内部

御前崎灯台を目指して階段を登り、参観料を支払い今度は灯台内部の階段を登ります。

展望デッキに続く最後の階段は、狭くて急勾配でちょっと登り降りが大変でしたが、日本で登れる灯台って限られているから貴重な体験で楽しかったです。

初めて見る灯台内部のレンズも美しく感じました。

御前崎灯台内部
御前崎灯台のレンズ

灯台は崖の上に建っているので展望デッキからの眺めは良好ですが、高さと風で思いのほかスリリングでした。

下を眺めるとゾクゾクしましたが、2年前に御前崎をバイクで来た時とは逆の景色を堪能できて新鮮でした。

ちなみに前回は海岸道路から灯台を見上げる形でしたが、今回は冒頭写真のように灯台から海岸道路を見下ろす形となりました。

加えて灯台から見下ろす豆粒以下となった自分のバイクを探すのも、今更ながらに初めての経験でした。

貝殻は女のロマン

御前崎灯台の貝殻屋さん

御前崎灯台を見学後、灯台近くのお土産屋さんが気になり思わずIN♪

海のお土産にぴったりな貝殻屋さんです。

外に置かれた椅子が何とも素敵で独占したくなりますが、子供の頃から貝殻が大好きな私は店内の方が気になってしまい。

貝殻好きに性別は関係ないけど、私にとって素敵な貝殻と文房具は女のロマンだと勝手に思っております。

貝殻も美しさや大きさが増すと、子供のおもちゃにしてはお値段高めで親は買ってくれませんでしたが、大人になった今なら買えちゃうかも!

お店のおばあちゃんがとても可愛らしい方で、ポートレートは駄目だけど店内写真はOKとの事で、貝殻好きな大人が満足できてバイクでお持ち帰り出来そうなものを物色。

御前崎で貝殻を買う

個人的にはお店の外に置かれたものはお子様向け、店内は貝殻狂いの大人向けといった印象でした。

大きすぎて断念した貝のオブジェとブルーサンゴ

貝のオブジェ
ブルーサンゴ

車で来なくて本当に良かった!車だったら買っていたかもしれません。

買ったところで「これ、どうするよ?」となってしまいそうですが、ブルーサンゴは水槽に入れて使う方が多いそうです。

熱帯魚なんか飼っている方には人気商品みたいです。

特別価格のホラ貝もかなり心を揺さぶられました。

ほら貝

もう、本当に車で来なくて良かったです。車だったらホラ貝買って吹いてたかも。。。

私が貝殻にロマンを感じる点は、上記のような美しく加工された貝を仕上げた職人さんへの憧れもあります。

貝を磨いたり加工しているところを見学したいくらいなのですが、今はそんな職人さんも数少ないのかなぁ。。。なんて思ったり。

結局バイク乗車を考慮して、箱入りのレインボーウニのランプを連れて帰りました。

レインボーウニのランプ
レインボーウニのランプ

それぞれ微妙に見た目が異なるため、自分好みの物を選ばせてもらいました。

お店のおばあちゃんもレインボーウニのランプは売れる!と閃いて仕入れたそうで、予想が的中して嬉しそうでした。

私にとってのキラキラツーリングとは

virago250 OLYMPUS E-PL6 / M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ /

2年ぶりに御前崎に出掛けた目的は、新たにサブカメラとして購入したOLYMPUS E-PL6の試し撮りも兼ねていたのですが、この日は思いのほかバイク写真が少なく、敢えて掲載するとなると途中のバイパス道路で撮った上写真1枚だけでありました。

当時撮影した写真を見返すと、バイク写真以前に純粋に御前崎観光を楽しんでいた印象で、ビラーゴにとってはこれが最後のキラキラツーリングという思い出となりました。

私のイメージするキラキラツーリングとは、多くのバイク乗りさんたちが満喫していると思われる目的地までのバイク乗車や観光、美味しい食事を楽しむといったところでしょうか。

バイクの楽しみ方は人それぞれですが、私の場合は当初から気の向いた時に近場をサクッと乗車するスタイルで満足しているため、ツーリングという言葉自体が自分のバイク生活にはしっくりこない感じを抱いておりました。

今回は単にバイクで出かけて観光して帰りに軽食を取っただけですが、以前は写真すらも撮らず、ただ近場を走って良しとしていた私にとって、初めてソロツーリングを楽しめたような気がしました。

海もキラキラしていたし、まさに私だけのキラキラツーリング!

御前崎海岸
ぎょくろのセットメニュー

過去に旦那と何度かツーリングしたことはあるのですが、写真がないせいか記憶は曖昧だし、写真が残っているツーリング先では緊張していた記憶のほうが鮮明です。

もともと日常生活のちょっとした気晴らし程度だったバイク生活でしたが、バイク乗車も危うくなった頃からせめてバイク写真だけでも。。。と思うようになり、現在に至っております。

今回の記事を書く際に当時の写真を見ていたら、貝殻屋さんは今でも存在するのかが気になりました。

ネットで調べれば簡単に分かるかもしれませんが、ここは敢えて調べずに、秋になったらSR125で確かめに行きたくなりました。

今回立ち寄った場所

御前崎灯台

所在地:〒437-1621 静岡県御前崎市御前崎1581 地図

女性ライダーと青空おばさんバイク乗りの憂鬱前のページ

【茶畑】愛しのバイク散歩道☆22年目のビラーゴ次のページ茶畑とオートバイ

関連記事

  1. だいだらぼっち広場とオートバイ

    22年目のビラーゴ/2015年

    飛行機が通過するバイク写真に憧れて★22年目のビラーゴ

    2015年5月31日、購入から22年目のビラーゴ250の記録です。…

  2. バイクとゴールドクレスト

    22年目のビラーゴ/2015年

    バイク乗車中のガタガタ感を直したい★22年目のビラーゴ

    2015年6月28日、購入から22年目のビラーゴ250の記録で…

  3. イチョウの黄葉とオートバイ
  4. 茶畑とオートバイ

    22年目のビラーゴ/2015年

    【茶畑】愛しのバイク散歩道☆22年目のビラーゴ

    久々の更新なので、まずはご挨拶を。2019年8月中旬、…

  5. 神尾駅とオートバイ

    22年目のビラーゴ/2015年

    秘境駅で、バイク写真★22年目のビラーゴ

    2015年11月6日、購入から22年目のビラーゴ250の記録で…

  6. オートバイとノウゼンカズラ

最近の記事

  1. 富士山とキジとオートバイ
  2. バイクでオタ活 YAMAHA SR125
  3. 新緑の茶畑とバイク乗り
  4. 新緑とバイクのある風景
  5. スーパーホテルPremier秋葉原

アーカイブ



  1. バイクと小道とポカリスエット

    バイク写真 セルフポートレート撮影

    【ポカリスエット】お散歩ツーリングでのバイク写真撮影
  2. バイクポートレート 芽キャベツ畑

    バイク写真 セルフポートレート撮影

    【1ツーリング1自撮り】芽キャベツ畑(苗)にて
  3. 家山駅 バイク写真自撮り

    SR125/2022年

    川根ふれあい町走り☆家山ツーリング
  4. 笹間川ダム湖とオートバイ

    19年目のビラーゴ/2012年

    晩秋の笹間川ダムにてバイク写真撮影☆19年目のビラーゴ
  5. virago250乗車風景

    12年目のビラーゴ/2005年

    ツーリング先でバイク乗車練習を試みた☆12年目のビラーゴ
PAGE TOP