22年目のビラーゴ(2015年)

バイク乗車中のガタガタ感を直したい★22年目のビラーゴ

バイクとゴールドクレスト

2015年6月28日、購入から22年目のビラーゴ250の記録です。

2015年のビラーゴ初乗車は、体調がイマイチで旦那の運転による二人乗りで終わりました。

それから約ひと月後、単身乗車で向かった先は、いつもの散歩道ではなくバイク屋さんでした。

冒頭の写真はバイク屋さんに行く前、ゴールドクレストとビラーゴを上手いこと撮ろうと挑戦していたところ、背後から「あんた、何やってんの!」と母親に怪しまれ、冴えない現実に引き戻された瞬間であります。

ステムベアリングの交換

以前から気になっていたビラーゴ乗車時でのガタガタ感。

まっすぐな道ではそれほど気にならなかったのですが、ちょっとしたカーブや山道を走行するとバイク全体がガタガタするような振動を感じていました。

前年、何気に走りに行った千葉山智満寺での山道では、ガタガタ感が気になって泣きそうでした。

バイク知識の疎い私は妄想が先走り、子供の頃に見たアニメ(ルパン三世とかタイムボカンシリーズ等)の如く、走行中にビラーゴが木っ端微塵にぶっ壊れるような不安を抱くように。

自分の不定愁訴も気になりつつ、購入から20年以上経過したビラーゴも色々と不調が出ており、整備知識のない自分には手に負えない領域に入ってしまった感覚でどうしたものかと不安がよぎっていました。

前年の2014年にもセルが突然動かなくなり、バイク屋さんに修理を依頼しました。

その時にステムベアリングの交換も勧められたのですが、予算の都合で見送っていたので今回改めてお願いしました。

同時にFブレーキキャリパーとマスターシリンダーのオーバーホールも依頼。

当時は自分なりに理解しようと頑張って説明を聞いたり調べたりしたのですが、ビラーゴを手放した今となっては単語も費用明細もよくわかりません。

ビラーゴを購入したのはレッドバロンだったため、参考までに当時の費用明細を書き留めておきます。

・ステムベアリングの交換 15550円
 (パーツ 2900円、一般部品 750円、技術料 11900円)

・FブレーキキャリパーとマスターシリンダーのO/H 20170円
 *キャリパーO/H(純正部品 9210円、一般部品 120円、技術料 4200円)
 *マスターシリンダーO/H(純正部品 900円、パーツ 2500円、一般部品 120円、技術料 2800円)
*ブレーキフルード代 320円

上記費用は税抜です。加えてオイル交換もお願いしたので、払った金額はトータルで39210円。

ちなみにオイル代は、22年前に加入したOILリザーブシステムを利用。

不定愁訴続きで今後もたくさん乗車できる自信はなかったですが、近距離といえどもバイク乗車した際の開放感や気持ち良さは自分の身体に記憶されており。

元気になった時に気持ちよく乗車したかったので、ガタガタするバイクに不安を抱えながら乗るのは精神衛生上よろしくないと感じて修理をお願いした次第であります。

レッドバロンの缶コーヒー

修理依頼をしてから約2週間後、ビラーゴを引き取りに。

「修理後、乗り心地が変わるから気を付けて下さい!」

なんて何度も言われてしまったものだから、バイク屋さんから自宅へ帰る際は緊張した運転になってしまいました。

次回に続きます。

関連記事

  1. だいだらぼっち広場とオートバイ

    22年目のビラーゴ(2015年)

    飛行機が通過するバイク写真に憧れて★22年目のビラーゴ

    2015年5月31日、購入から22年目のビラーゴ250の記録です。…

  2. オートバイとノウゼンカズラ




最近の記事

  1. つるバラとオートバイ
  2. 変電所とオートバイ
  3. 里山カフェ ゆうふうの駐車場
  4. 事任八幡宮 夫婦杉の切り株

アーカイブ




  1. 水田とバイクのある風景

    SR125(2017年)

    初夏の田んぼと崖を背景に記念撮影☆YAMAHA SR125
  2. 紅白の梅とオートバイ

    SR125(2018年)

    【セルフタイマー】12秒の全力写真☆紅白の梅とYAMAHA SR125
  3. virago250

    20年目のビラーゴ(2013年)

    【冬散歩】めまい感からの復活乗車☆20年目のビラーゴ
  4. virago250

    23年目のビラーゴ(2016年)

    23年間所有したビラーゴとお別れしました
  5. 大井川と鉄橋

    19年目のビラーゴ(2012年)

    大井川の鉄橋を背景に☆19年目のビラーゴ
PAGE TOP