20年目のビラーゴ/2013年

御前崎で初バイク写真撮影☆20年目のビラーゴ

※当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。

灯台とオートバイ

2013年7月16日、購入から20年目のビラーゴ250の記録です。

ビラーゴを購入したばかりの頃、毎週のように走りに行っていた御前崎ですが、当時はカメラを持ち歩くという習慣がなかったため、バイク購入から20年目にして、初めて御前崎でのバイク写真撮影に挑んでみました。

知っているようで知らなかった御前崎

御前崎灯台とオートバイ 御前崎灯台
オートバイと海岸道路 海

当時はビラーゴに乗って走り抜けていくだけなので、周辺の景色は海と波と灯台くらしか記憶がなく。

そのため、バイクから下りて周囲の景色を見た時は、崖の上に立つ灯台の風景が新鮮で「こんな地形だったんだ!」と改めて感心してしまい。

道路の片側は海が広がっており、台風で波が高いと通行止めになりますが、その影響がある日は波飛沫が飛んできたりして塩っぱい思いをした事を思い出し。

写真を撮った場所では波飛沫を浴びた記憶はないですが、塩っぱい思いをしたのは御前崎灯台よりも東側だったかも。

崖の上のレーダーサイト レーダーサイト
オートバイとウミガメの看板 ウミガメの看板

最後は崖の上のレーダーサイトと崖の下のビラーゴ写真でこの日の撮影ははおしまいです。

メロンみたいな形のせいで、ずっとメロン屋さんだと思っていた御前崎分屯基地のレーダーサイト。。。

20年目にして新たな発見でした。

崖下のビラーゴは「アカウミガメ産卵指定地域」の看板と記念撮影。

ウミガメの産卵地となっている御前崎海岸ですが、7月の一定期間に産卵観察会なるものが催され、運が良ければウミガメの産卵を見ることができます。

ずいぶん昔に見に行った記憶ですが、思いのほかウミガメが大きかった事、産卵を終えて再び頑張って海へ向かっていく様子が印象深かったです。

酉のジャンボ干支とオートバイバイク写真撮影【2017ジャンボ干支「酉」】前のページ

バイク乗車中に起きためまい★20年目のビラーゴ次のページビラーゴ250と稲穂

関連記事

  1. virago250と棚田

    20年目のビラーゴ/2013年

    田植え時期の棚田にて☆20年目のビラーゴ

    2013年6月18日、購入から20年目のビラーゴ250の記録です。…

  2. ビラーゴ250と稲穂

    20年目のビラーゴ/2013年

    バイク乗車中に起きためまい★20年目のビラーゴ

    2013年9月17日、購入から20年目のビラーゴ250の記録で…

  3. 1993年のマイツーリングパスポート

    20年目のビラーゴ/2013年

    謎のマシン☆1993年のマイツーリングパスポート

    2016年秋、23年間所有したビラーゴ250をバイク屋さんに託したので…

  4. virago250

    20年目のビラーゴ/2013年

    【冬散歩】めまい感からの復活乗車☆20年目のビラーゴ

    購入から20年目のビラーゴ250の記録です。2013年8月に発…

  5. virago250

    20年目のビラーゴ/2013年

    二人乗りでもめまい感★ビラーゴ・20年目のタンデム記録

    2013年10月14日、購入から20年目のビラーゴ250の記録です。…

  6. オートバイ アジサイ 写りこみ

    20年目のビラーゴ/2013年

    【ストックフォト】思い出作りのバイク写真撮影☆20年目のビラーゴ

    2013年の春頃から、ビラーゴ250とのお別れを漠然と考えるよ…

最近の記事

  1. COMPLEX 日本一心ライブ
  2. ふじのくに茶の都ミュージアム 日本庭園と茶室
  3. 鯉のぼりとバイク乗り
  4. 桜とバイクのある風景
  5. オタ活バイク写真 茶畑と志々雄真実

アーカイブ




  1. 大幟と女性バイク乗り セルフポートレート写真

    バイク写真 セルフポートレート撮影

    50歳からのバイク写真撮影 #8【大幟】
  2. バイクで紅葉狩り

    SR125/2019年

    イチョウの落ち葉と、バイク写真☆YAMAHA SR125
  3. 水田とバイク セルフポートレート

    月まとめ バイク写真ギャラリー

    「2022.5月」お散歩ツーリングで撮影したバイクの写真
  4. サザンカとオートバイ

    20年目のビラーゴ/2013年

    自転車屋さんで最後のバイク修理☆20年目のビラーゴ
  5. インナープロテクターの上に羽織

    女性バイク乗り 服装記録

    秋でも暑い!★バイクのちょい乗り時における服装を考えてみた
PAGE TOP