SR125と青田隧道

SR125(2017年)

【青田隧道】明治時代の煉瓦を背景に記念撮影☆YAMAHA SR125

2017年9月末、SR125で黄金色の稲穂を探しに行く直前、静岡県掛川市にある青田隧道でも記念撮影を楽しみました。

SR125と青田隧道
OLYMPUS E-PL3 / M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 / ドラマチックトーン

青田隧道は明治時代に作られたトンネルで、古い煉瓦を背景にSR125の写真を撮りたいと以前から思っており。

ただし、煉瓦が露出しているのはトンネル内の中央部のみ。

SR125と青田隧道
OLYMPUS E-PL3 / M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 /

真ん中以外は白い補強パネルらしき物で覆われております。

私は基本的に暗くて湿っぽいトンネルは苦手なのですが、青田隧道は中央部からでもトンネルの外が確認出来る為、それほど恐怖心を感じることもなかったです。

SR125と青田隧道
OLYMPUS E-PL3 / M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 / ドラマチックトーン

トンネル内も明るくて人通りや車も殆どないため、記念撮影には最適でありました。

残るは如何に上手いこと記念撮影をすべきかなのですが、初めてとも言えるシチュエーションだったため、いつものように失敗だらけでありました。

SR125と青田隧道
OLYMPUS E-PL6 / SIGMA 30mm F2.8 DN / ドラマチックトーン+スターライト効果

個人的に気になったのは、後方のドリンクホルダーに置かれたチープな布のボトルケースと、中央にある巨大な緑の反射光でしょうか。

反射光はまだしも布のボトルケースは、せっかくの雰囲気ある煉瓦風景が台無しでショックでした。

ボトルケースは最初の写真にも写っており、ぱっと見では変色した煉瓦の一部に見えて何とか誤魔化せるかなぁ。。。と感じてますが、今後の記念撮影時には気を付けたいポイントとなりました。

青田隧道へ行く前、トンネル内は暗くて三脚は必須かと思い、以前も紹介したマンフロットのポケット三脚を持参したのですが、トンネル内が思いのほか明るくて出番がなかったので、またしても自撮りするために活用してみました。

SR125と青田隧道
OLYMPUS E-PL3 / M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 / ドラマチックトーン

今回はトンネル=心霊写真でしょ!というテーマで挑んでみました。

自分を幽霊に見立てた自撮りは初めてでしたが、なかなか足元が消えなくて4~5回も試しちゃいました。

でも根は怖がりなので、怪奇ドラマみたいに本物の幽霊に連れ去られたら困る!と途中で思い直し、人間らしい自撮りをしようと試みたら、浮遊しかけた宇宙人みたいになってしまい。


OLYMPUS E-PL3 / M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 / ドラマチックトーン

この日は時間がなくてトンネル内での自撮りでほぼ終わってしまいましたが、次回はもう少しトンネル周辺も観察出来たらと思いました。

青田隧道とSR125
OLYMPUS E-PL6 / SIGMA 30mm F2.8 DN /

訪れた9月末の出入り口は緑で鬱蒼とした印象でしたが、秋が深まると紅葉するのかが気になりました。

「ちかんに注意!」の看板がありますが、トンネル内でヘルメット被ったまま自撮りしている自分も怪しく、途中で通過した自転車や車には恐怖心を与えていたかもしれません。

青田隧道は掛川インター近くの県道38号線にある新青田トンネルの旧道となります。
旧道は車でのすれ違いは困難かも。

関連記事

  1. SR125と夕空

    SR125(2017年)

    夕空とニャンコのメンチ切り☆YAMAHA SR125

    2017年11月初旬、田舎道で突如現る人気キャラとSR125を記念撮影…

  2. 14系客車とSR125

    SR125(2017年)

    元「急行はまなす」の青色に苦戦!☆14系客車とYAMAHA SR125の記念撮影

    2017年2月3日、SR125で静岡県島田市のジャンボ干支を見に行った…

  3. 桜とバイクのある風景

    SR125(2017年)

    早咲きの桜と☆YAMAHA SR125

    2017年3月16日、梅とSR125の記念撮影をたっぷり楽しんだ前回の…

  4. 稲穂とバイク

    SR125(2017年)

    秋の稲穂パトロール・青トンボ編☆YAMAHA SR125

    2017年9月末、稲穂パトロールと称し、SR125で黄金色を求めて走行…

  5. 畑無の池

    SR125(2017年)

    行けなかった池にやっと行けた☆YAMAHA SR125

    2017年11月中旬、SR125で以前から行きたかったけど行けなかった…

  6. 小さなプラントとSR125

    SR125(2017年)

    【工場昼景】NEWアイテムで挑む山の中の小さなプラント☆YAMAHA SR125

    2017年12月中旬、NEWアイテム【フィッシュアイボディーキャップレ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




最近の記事

  1. 空気の抜けたオートバイ
  2. 第二海軍技術廠牛尾実験所跡
  3. きけん看板とオートバイ
  4. 花沢の里
  5. 大井海軍航空隊の記念碑とオートバイ

アーカイブ

PAGE TOP