筏場のわさび田

妄想ツーリング

【妄想ツーリング】静岡県伊豆市「筏場のわさび田」

夏は暑さでバイク乗車するのも億劫なので、新たなカテゴリー「妄想ツーリング」を設けてみました。

近距離乗車メインのわたくしですが、旅行は好きで時々出掛けております。

「妄想ツーリング」では、過去に私が「この道を自分のバイクで走って、ついでにバイク写真も撮りたいなぁ♪」と感じた場所を紹介したいと思います。

ちなみに私のバイク乗車テーマは<季節感><その土地らしさ><静寂>であります。

人によっては退屈に感じてしまう場所もあるかもですが、前述のようなテーマに共感していただける方でしたら癒される場所かと思います。

夏の「筏場(いかだば)のわさび田」

出掛けたのは2018年7月15日。

道沿いに車数台が駐車できるスペースがあり、すぐ近くにある橋の中央から棚田状になったわさび田を眺めます。
筏場のわさび田にある橋

上流側
筏場のわさび田

下流側
筏場のわさび田

夏だったせいか、わさび田一面が日除けシートで覆われていました。日除けシートがない方が見応えあるかもですが、シートで覆われた風景も季節限定であり、わさび田のスケールの大きさが際立つように思いました。

周囲は山なので多少は涼しさがあり、普段は耳にしない川のせせらぎが何とも心地良く。

わさび田のモノラック

私のバイク乗車記録でもたまに登場する産業用モノレールが、わさび田でも健在でした。

わさび田のモノラック

産業用モノレールが登場するバイク記事
茶畑のニューラックモノレールと記念撮影☆YAMAHA SR125
産業用モノレールのレールと記念撮影☆YAMAHA SR125

モノラックは産業用モノレールのひとつで、茶畑やみかん畑の多い静岡県ではわりかし目にする機会が多く、主な用途は農作物を運搬するためであります。

父親の実家で見慣れていた私は子供の頃から乗車したくてたまらなく、一度だけ伯父が乗せてくれた時は興奮のあまり昇天しかけ、未だに産業用モノレールを見かけると条件反射で悦に入る癖が治りません。

加えてわさび田を行き交うモノラックのレールの美しさにも密かに興奮。

わさび田と産業用モノレール

わさび田に設置されたレール

わさび田に咲くユリとレール

産業用モノレールのレールは急峻な場所ほど美しく、個人的には大蛇を思わせる急なカーブや波打ちが見所ポイントだと思っております。赤茶けたサビ色も緑の中では際立って良い感じ♪

わさび田と水田のある風景

私は乗用車で狭い道を走るのが苦手なせいか、バイク乗車時は車で行くにはちょっと狭さを感じる道を走るのが大好きであります。(バイクだったらよほどの狭い道でない限り、すれ違いで困る事がないため。)

先ほど紹介した筏場のわさび田への道のりは、乗用車では途中狭さを感じる場所もあり不安になったのですが、途中の道沿いで見かけたわさび田と水田のある風景も印象的でした。

わさび田と水田

今回は猛暑日だったことに加え、時期的にわさび田がシートに覆われていたため、見学するには春や初夏や秋の頃がよかったかなぁ。。。と感じた次第であります。

筏場のわさび田
所在地:静岡県伊豆市筏場 Google マップ

時々ライダーを見かけたのですが、わさび田には目もくれず急カーブを楽しそうに上って行きました。
カーブにある道路案内標識

県道59号、私は車はもちろん、バイクでもこの先へ行くのは無理そうです。。。最初は「わさび田ぐらい見てけよ!」と思ったのですが、わさび田見てたらカーブ曲がれないかも。。。

関連記事

  1. 身延山久遠寺 三門

    妄想ツーリング

    【山梨観光】身延山久遠寺へ行ってみた

    カテゴリーの「妄想ツーリング」では、近距離乗車メインの私が「この道を自…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事

  1. 身延山久遠寺 三門
  2. SR125メーター
  3. 青洲楼
  4. バイクと彼岸花
  5. バイクとレトロ建築




アーカイブ

PAGE TOP