バイク用品・備品

【雑誌付録のミニスープジャー】秋冬のバイク散歩時に使ってみた感想

スヌーピーのスープジャーとオートバイ

2020年10月、秋冬のバイク散歩時に役立ちそうかと思い、雑誌付録のミニスープジャー(保温ミニボトル)を買って実際に試した感想です。

別サイズの水筒との比較、ついでに夏場のバイク乗車時での最適な水分補給についても書き留めてみました。

スヌーピーのミニスープジャー

スープジャーとチョコレート

容量:160ml
 
サイズ:高さ9cm×直径6.3cm
 
利点:味噌汁や惣菜もOK

セブンイレブン限定の「InRed」11月号増刊の雑誌付録です。価格は1450円でした。

直飲み可能で蓋はスクリューとなっており、蓋裏のパッキンも簡単に外せて洗いやすいです。

蓋をしっかり締めてシェイクしても漏れませんでしたが、万が一のことを思うとバイク乗車時はカメラと一緒には入れたくないかな。

ミニスープジャー購入のきっかけ

水筒とオートバイ

上は今まで使っていた象印の水筒です。容量は0.3リットルです。

ワンタッチ開閉で直飲み出来るのは便利でしたが、夏場の水分補給に0.3Lは少なく、冬場は余らせてしまうことが多く、自分にとっては中途半端なサイズでした。

そのため、秋冬のちょい乗り時は飲みきりサイズのスープジャーがちょうど良さそうかと思った次第であります。

サイズ的にも、手持ちのボトルカバーにぴったりだったのが購入の決め手となりました。

手持ちのボトルカバー
バイク用ドリンクホルダーとボトルカバー

ボトルカバーは500mlのペットボトルサイズなので、スヌーピーのミニスープジャーを入れても上部に余裕があるため、おにぎりやちょっとしたお菓子も入りそうです。

この日は初回ということで、ミニスープジャーにお茶を入れて出掛けてみました。

ドリンクホルダーについては以下の記事にて紹介済み。

スヌーピーのミニスープジャーを使った感想

ミニスープジャー使用中

お昼頃に入れたお茶を16時半に飲んだらぬるかったです。真冬にこのぬるさは体が縮こまっちゃう!

ティーバッグのお茶だったので、しばらく急須に放置してから入れたのでぬるくなってしまったと思います。

直ぐに飲むなら良いけど、そうでないなら推奨通りの粉末スープやフリーズドライスープを熱湯で入れて、しばらくしてから飲むのが良さそうです。

翌週、バイク乗車時に試すつもりでしたが、神経痛が出てしまったので自宅で実践。

中身は粉末抹茶
スープジャーに入れた抹茶

13時15分に入れた抹茶を15時半に飲んだら、良い感じの熱さでした。

バイク乗車時だと屋外で飲むことがほとんどなので、熱々で飲むなら入れてから2時間半までが良さそうかも。

3時間経つとちょっとぬるく感じるかもしれません。

バイク乗車時は、お茶のお供にチョコレートも持参しましたが、熱いものを入れるとミニボトルの蓋も温かくなってしまうため、ボトルカバーと一緒に入れることは出来ませんでした。

溶ける心配のあるものは、蓋の上には置かないほうが良さそうです。やっぱりおにぎりがベストかな。。。

バイク乗車時でのミニスープジャー使用について

静岡県の標石とオートバイ

ちょい乗り時の飲みきりボトルとしては便利だと思いました。

0.3Lの水筒だとボトルカバーは水筒しか入りませんが、スープジャーだとおにぎりが入る余裕が生まれたことは画期的でした。

確か付録アピールで「肉じゃがOK!」なんて記載があった記憶で、本当は前日作った焼きそばを入れてみたかったのですが、バイクって荷物の積載量が限られるし、余計な荷物は極力減らしたいので自宅で食べてから出掛けました。

私の生活している静岡県は比較的温暖なので、11月に入っても日によっては暖かさがあるため、ドリンク用と惣菜用の2つのスープジャーを持参して、バイク散歩中に見つけた良さげな場所で飲食したいなぁ。。。なんて思いました。

みかん畑だったら、近くの無人販売でミカンを買うのも良さそうですが、自宅からミカンを持参して沼のような渋いお茶と一緒に楽しむのも良さそうです。


上の似たようなスープジャーは、直径6.5cmとスヌーピーより僅かばかり大きいです。

夏場のバイク乗車時の水分補給について

オートバイと電車と水田

熱中症の危険のある夏場のバイク写真撮影時は、水分補給が欠かせません。

今までは前述の0.3Lの水筒にお茶を入れて凌いでいましたが、直ぐに飲み干してしまうため、写真撮影中に脱水症状による頭痛に悩まされることもありました。(まさに上写真の時)

中身を飲み干した水筒は、荷物入れが限られた自分のバイクでは単なる邪魔物扱いとなってしまうため、2020年の夏からは自宅からペットボトルのスポーツ飲料(ポカリスエット系)を持参し、中身を気にすることなくグビグビ飲んで、なくなったら通りすがりの自販機で似たようなものを購入するというスタイルにしました。

コンビニやカフェに寄るのもありですが、自分の場合、活動時間が短いので自販機でサクッと購入するのが時間の無駄がなく合っている気がします。

毎回似たような場所をうろついているので、今夏は自販機のチェックも欠かせませんでした。

飲み物をスポーツ飲料に切り替えたことで、バイク乗車中や写真撮影時の頭痛はお茶だった頃よりは減りました。

なんで今まで気付かなかったんだろ。。。って今更ながらの発見でした。

ススキとセイタカアワダチソウとオートバイ秋のバイク写真撮影★ススキ/ミカン/柿前のページ

多重露出でバイク写真撮影★十三夜月とオートバイを撮りたくて次のページ十三夜月とオートバイ

関連記事

  1. 荷物を入れたラフ&ロード ホルスターバッグ

    バイク用品・備品

    【ラフ&ロード バイク用ホルスターバッグ】積載量と使用感について

    2020年11月、バイク写真撮影目当てで購入した小型三脚が、愛…

  2. ツツジとオートバイ

    バイク用品・備品

    ネット購入したリュックをバイク用シートバッグとして活用

    2019年5月、ネット購入したリュックをバイク用シートバッグと…

  3. 靴下を利用したバイク用シフトガード

    バイク用品・備品

    バイク用シフトカバーに最適だった靴下

    2020年夏、バイク乗車時用のブーツが経年劣化でダメになってし…

  4. くねくねフック
  5. 三脚を積載したオートバイ

    バイク用品・備品

    バイク(原付二種)への三脚積載と固定【暫定】

    2021年1月21日、原付二種(YAMAHA SR125)に小…

  6. インナープロテクター

    バイク用品・備品

    【レビュー】夏でも着れた!ちょい乗り向けバイク用インナープロテクター

    2019年5月、薄着の夏こそプロテクターが必要だと今更ながらに…

サイト内検索

最近の記事

  1. 梅の花とオートバイ
  2. 靴下を利用したバイク用シフトガード
  3. バイク写真自撮り 造船所とオートバイ
  4. バイク写真 ミカンとオートバイ
  5. バイク写真 梅の花とオートバイ

アーカイブ




  1. SR125とレタス畑

    SR125/2017年

    女子カメラ風?☆YAMAHA SR125が淡い理由
  2. 交通安全とタイヤ

    同じテーマのバイク写真

    同じテーマのバイク写真シリーズを始めます
  3. ラリー車と紅葉

    SR125/2016年

    SR125と過ごした1ヶ月間と新城ラリー2016を振り返る
  4. ベランダサンダルの足元と靴クリーム

    40代バイクファッション

    40代、今まで着ていた服が似合わない★バイク乗車用に買った黒パン穿いたらボンスリ…
  5. 茶畑でバイクと自撮り

    SR125/2018年

    【セルフィー】茶畑に吹く風を撮りたくて★YAMAHA SR125
PAGE TOP