桜とバイクのある風景

SR125(2017年)

早咲きの桜と☆YAMAHA SR125

2017年3月16日、梅とSR125の記念撮影をたっぷり楽しんだ前回の続きです。

梅との記念撮影が思いのほか長くなり、この日はそのまま帰宅するつもりが帰り際に気になるポイントを発見。

とりあえず入り込んでみたところ、自分が思い描いた感じの写真が撮れそうだったので再び記念撮影に夢中になってしまいました。

桜とバイクのある風景
OLYMPUS E-PL6 / SIGMA 30mm F2.8 DN / ポップアートⅡ

早咲きの桜がちょうど満開でした。

バイク乗車しているとまだ寒くて鼻水が出てくるので早く帰りたかったし、リュックからカメラを出すのも面倒でイメージ通りの写真が撮れるかも分からずしばらくSR125に跨ったまま帰宅するか留まるかを悩んでいたのですが、せっかくの満開なのでカメラを出して覗いてみたところ、自分のイメージ通りの景色が見えたので面倒くさがらずに試して良かったと感じました。

SR125のすぐ右手には防火水槽がありますが、何とか入らない位置で撮ることが出来ました。

2017年2月より30mm単焦点をSR125の記念撮影に使い始めたのですが、思いのほか活躍中であります。

今回も「こんな所で?」という場所での記念撮影だったので、通過する人の存在が少々気になりました。

写真左手の道路はカーブになっており、写真を撮っている際、通過するライダーが「こいつ、こんな所で何やってんだ?」的な視線がほんの一瞬なのですが痛かったです。

急カーブだから「私に見とれていると怪我するぜ。」なんて思ったりもしましたが、それは自意識過剰だったかもしれません。

ライダーが去り、再び記念撮影に夢中になっていると、右手の農道からウォーキング中のご婦人二人連れが唐突に現れ、とりあえず怪しまれない為に挨拶したところ、「写真はうまく撮れたかえ~」なんて言いながら私とSR125の間を通過していきました。

なんかどうにも落ち着かないのと早く帰りたいのもあり、この場所では10分程で撤退。

桜の太い枝をもっと躍動的に撮りたかったのですが上手いこといきませんでした。

桜とバイクのある風景
OLYMPUS E-PL6 / SIGMA 30mm F2.8 DN / ドラマチックトーン

この日、約10分間でほぼ同じ写真を25枚撮りました。

似たような写真の中から、いちばん見映えの良さそうな物を選び出すのはけっこう面倒な作業なので、今後はむやみに撮るのもどうかなぁ。。。と感じた次第であります。

関連記事

  1. 稲穂とバイク

    SR125(2017年)

    秋の稲穂パトロール・青トンボ編☆YAMAHA SR125

    2017年9月末、稲穂パトロールと称し、SR125で黄金色を求めて走行…

  2. SR125と勝間田城跡の看板

    SR125(2017年)

    【勝間田城跡】山道での方向転換に苦戦☆YAMAHA SR125

    連日の熱帯夜による寝不足で体が弱り、歯肉炎で歯茎が腫れて1週間。。。…

  3. SR125とレタス畑

    SR125(2017年)

    女子カメラ風?☆YAMAHA SR125が淡い理由

    2017年1月18日、静岡の冬の風物詩であるレタス畑のビニールハウスと…

  4. 中標津土産

    SR125(2017年)

    YAMAHA SR125と秋の空

    SR125、ついに北海道進出か!?OLYMPUS E-PM…

  5. SR125と斜めの地層

    SR125(2017年)

    地層と稲穂のある風景を求めて☆YAMAHA SR125

    2017年も厳しい残暑を覚悟していたのですが、9月に突入した初日は爽や…

  6. 桜とSR125

    SR125(2017年)

    斜面から挑む緊迫した記念撮影☆桜とYAMAHA SR125

    2017年4月12日、桜の木の下にSR125を置き、徒歩で橋を渡ってヒ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




最近の記事

  1. 身延山久遠寺 三門
  2. SR125メーター
  3. 青洲楼
  4. バイクと彼岸花
  5. バイクとレトロ建築




アーカイブ

PAGE TOP