北海道旅行記

【定山渓】印象に残った紅葉ポイント

定山渓温泉の紅葉 定山渓大橋より

前回の定山渓旅行記がレンズボールのレビューがメインになってしまったので。。。

今回は秋の定山渓旅行で、個人的に印象に残った紅葉ポイントを7点ほど書き留めてみました。ちなみに実際の紅葉は写真の何千倍も綺麗でした!(紅葉ポイントの順序はほぼ出掛けた順となっております。)

➀豊平峡ダム

豊平峡ダムの紅葉
豊平峡ダムの放流

行きも帰りも道が混雑していたけど出掛けて良かったと思えた場所でした。豊平峡ダムライナーを利用しての観光だったので帰りのバスの時間を考慮しなければですが、一生に一度の紅葉鑑賞だと思い、時間を忘れて景色に見入っておりました。観光放流も見ていて癒やされました。

豊平峡 レストハウスへ向かう小道

レストハウスへ向かう小道

豊平峡ダム

レストハウスからの眺望

展望レストハウスへ向かう小道も歩くだけでご機嫌になる素敵な雰囲気でした。無料のケーブルカーもありますが混雑時は長蛇の列。。。待っている間に歩けば着いてしまいます。

行きも帰りも電気バスはそれほど待たずに乗れましたが、定山渓観光案内所行きのバスが渋滞遅れで随分待たされました。待っている間やバスの中が寒かったけど、紅葉が美しかったから良しとします!

豊平峡ダムの紅葉と電気バス

紅葉の中を走る電気バス➀

豊平峡ダムへ向かう電気バスと黄葉

紅葉の中を走る電気バス➁

➁定山渓ネイチャールミナリエ(二見公園)

レンズボール イルミ

イルミネーション自体はローカル感に溢れていて、一瞬イルミが消灯したと思わせる「間」がありました。メジャーなイルミネーションのような華やかさはありませんが、前述の「間」やちょっと暗さを感じるイルミはきらびやかなイルミで目がクラクラしてしまう自分にはちょうど良く感じました。

見学したのがイルミ開催の最終日だったので、翌朝同じ場所に出向いたら撤収作業が行われておりました。

定山渓二見公園の石

イルミで使われた石➀

定山渓二見公園の石

イルミで使われた石➁

定山渓ネイチャールミナリエ

イルミで使われた石➀

定山渓ネイチャールミナリエ

イルミで使われた石➁

日中は気にも留めない石に、昨夜は夢中になってカメラを構えておりました。「この石に光を当てよう!」という発想が素晴らしく思えました。

ちなみに「イルミで使われた石➀」は、至近距離で確認したら全体的に細かいキラキラが含まれていました。ナメクジが這った跡ではなく、石本来のキラキラでした。この天然のキラキラもイルミでは微力ながらも役立ったはず!

➂かっぱ淵

定山渓 かっぱ淵の紅葉

定山渓 かっぱ淵でジャンピング自撮り
かっぱ淵で自撮り

二見吊橋からの眺めも良いですが、川沿いから眺める景色も格別でした。

少し歩けば岩に遮られて周囲の観光客も疎らになり、静かで目の前の紅葉を一人占めの贅沢な空間を満喫。自撮りも楽しめましたが、二見吊橋の下は人が多くて落ち着かず。上流へ行くほど素敵な風景を期待できそうですが、足場が悪いので程々の散策で良しとしました。

➃章月グランドホテルからの眺望

定山渓 豊平川の紅葉
定山渓温泉 夜景

客室からの眺望が朝も夜も素晴らしかったです。向かい側の大きなホテルの照明が夜間は素敵に輝きます。食事はもちろんお風呂も立派なホテルでありました。徒歩圏内で周囲の紅葉を充分に堪能できる立地も便利でした。

ラウンジの雰囲気や、そこからの眺望も優雅でありました。14時からのチェックインでもっと満喫したかった。。。!

章月グランドホテルのラウンジ

ラウンジ

ケーキと紅葉

ラウンジからの眺望とサービス品

☆ホテル詳細⇒定山渓温泉 章月グランドホテル

➄見返り坂

定山渓 見返り坂の紅葉と紫陽花
定山渓 見返り坂の黄葉

前述の章月グランドホテルから程近く、大好きな紫陽花が辛うじて残っておりました。初めての紫陽花と黄葉のコラボ写真に夢中になったり、黄色い落ち葉が鮮やかで目的地である二見公園になかなか辿り着けませんでした。紫陽花の頃もオススメだと紅葉かっぱバスのガイドさんが言っておりました。

➅旬の御宿まつの湯からの眺望と敷地内散策

小金湯温泉の紅葉

温泉宿からの黄葉
温泉宿からの紅葉

章月グランドホテルの眺望も素晴らしかったけど、こちらは山との距離がより近く感じました。部屋食だったため、紅葉を眺めながらの朝食はとても贅沢に感じました。(紅葉よりも食事に夢中なオッサンの影はスルー)

今回利用したお部屋は目の前にある松の木が邪魔かも。。。と最初は感じたりもしましたが、部屋の真ん中あたりで眺めると背後の紅葉と松の緑が美しく感じたり。

露天風呂からの眺望は更に開放感があり、日に暮れていく山の紅葉を眺めながらの入浴は心身ともに癒やされるひと時でありました。朝は露天風呂前の木に愛らしい野鳥が遊びに来たりも♪

宿泊者はルームサービスが夜の9時まで可能で、メニューもリーズナブルながらも豊富でありました。お風呂以外はずっと部屋に居るので、これはこれで贅沢な過ごし方でありました。

ポールスターとオニオンリング

サッポロビールのスパークリングワイン「ポールスター」が美味しくて、夕食時と寝る前にもゴックンしてしまいました。寝床も用意されていて、飲んで寝るだけって最高!

旬の御宿まつの湯の敷地内散策

紫陽花と紅葉

紅葉の小金湯温泉で自撮り
紅葉の小金湯温泉で自撮り

客室から見えた紫陽花が気になり、翌朝敷地内を散策。見返り坂で見た紫陽花よりも瑞々しさが残っており、紫陽花好きな私としては、紫陽花と紅葉の写真が撮れただけでも感激でした。

立ち寄り温泉目当ての方がほとんどなせいか、敷地内を散策している方は僅かでした。静かで川の流れだけが響き、目の前には鮮やかな紅葉がどんと構えており、ずっと眺めていても飽きない空間でありました。

人があまり来ないせいか(たまたま?)草の上に重なった落ち葉すらも美しく感じ、自撮りも思う存分楽しんでしまいました!

小金湯温泉の落ち葉と小花

☆宿の詳細⇒湯元 旬の御宿まつの湯

➆八剣山ワイナリー

八剣山とワイナリー

八剣山ワイナリー 紅葉
八剣山ワイナリーのブドウ

八剣山の紅葉とぶどう畑の眺めが最高でした!試飲もセルフだったのでぢっくりと選ぶことができ、定山渓旅行のフィニッシュに相応しい紅葉ポイントでありました。

秋の北海道に憧れて

定山渓の紅葉

旅行日のひと月半ほど前に旦那が4連休だという事が判明し、以前から憧れていた秋の北海道旅行が叶いました。勤め人だった頃は祝日休みではなかったため、秋に連泊で旅行するなんて新婚旅行の時くらいかな。

今回はタイミング良く、絶好の紅葉日和を堪能することができました。定山渓の紅葉を目にした第一印象は、小学生の頃に憧れで描いた紅葉風景を思い出させるものでした。

妄想で描いたつもりの紅葉ですが、きっとテレビなどで見かけたシーンが頭の片隅に残っての絵だったと思います。そんな子供の頃に夢見た紅葉が、現実としてようやく目にできた事は感慨深く。

最近は天候も不安定なので、北海道の紅葉日和を一般の旅行者が狙うのは難しく、今回の旅行は本当にラッキーだったとしか思えません。一生に一度の北海道の紅葉風景だと思えるほどの素晴らしさで、もう一度同じような光景を見る事は非常に難しいかと感じております。

おまけの紅葉写真

黄色い自転車と黄葉

黄色い自転車と黄葉

クレーンと紅葉

クレーンと紅葉

雪虫と紅葉

雪虫と紅葉

定山渓の紅葉風景が素晴らしすぎて、今まで趣味で撮っていたバイク写真がとても陳腐に感じてしまう危険な状態に陥りそうになりました。

以上、個人的に印象に残った定山渓旅行での紅葉でした。

定山渓の紅葉とレンズボール【定山渓】北海道・紅葉旅行☆レンズボールを携えて前のページ

ナイスビューポイントで、バイク写真☆YAMAHA SR125次のページ茶文字とバイクと街並み

関連記事

  1. 樽前ガローの苔

    北海道旅行記

    【北海道旅行記】雨の苫小牧「樽前ガロー」と室蘭の喫茶店「ランプ城」

    2018年8月に出掛けた北海道旅行で、個人的に印象に残った光景を書き留…

  2. 苫小牧駅と王子製紙工場

    北海道旅行記

    【北海道旅行記】雨の苫小牧散策★王子製紙 苫小牧工場

    2018年8月に出掛けた北海道旅行で、個人的に印象に残った光景を書き留…

  3. 雨の室蘭

    北海道旅行記

    【北海道旅行記】雨の室蘭ドライブ・JXTGエネルギーの工場夜景

    2018年8月に出掛けた北海道旅行で、個人的に印象に残った光景を書き留…

  4. ウィンザーホテル洞爺

    北海道旅行記

    【北海道宿泊記】雨と霧の「ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」

    2018年8月に出掛けた北海道旅行で、個人的に印象に残った光景を書き留…

  5. キタキツネ

    北海道旅行記

    【北海道旅行記】洞爺湖近くで出逢ったキタキツネ

    2018年8月に出掛けた北海道旅行で、個人的に印象に残った光景を書き留…

  6. 洞爺湖と珍小島

    北海道旅行記

    【北海道宿泊記】洞爺湖町の「HOTEL COCOA(ホテル ココア)」を利用した感想

    お盆休みに北海道旅行を楽しみ、その時の旅行記を作成中に起こった大地震。…




最近の記事

  1. オートバイと女性ライダーとアジサイ
  2. オートバイと電車と水田
  3. 工事中の橋と女性ライダー
  4. 林道に停車するオートバイと女性ライダー

アーカイブ

  1. 空気の抜けたオートバイ

    素敵なバイク写真を目指して

    素敵なバイク写真を目指して
  2. virago

    23年目のビラーゴ(2016年)

    23年間所有したビラーゴとお別れしたその後
  3. バイクとマツバウンラン

    SR125(2020年)

    野花と楽しむバイク写真撮影☆マツバウンラン編
  4. お茶ぼっこ

    SR125(2018年)

    バイクで行くカフェ【お茶ぼっこ】☆山道沿いのピラミッドを目指して
  5. 小さなプラントとSR125

    SR125(2017年)

    【工場昼景】NEWアイテムで挑む山の中の小さなプラント☆YAMAHA SR125…
PAGE TOP