北海道旅行記

北海道☆空知地方の立坑櫓一覧&炭鉱跡めぐり旅行記まとめ

※当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。

北海道・空知地方の立坑櫓一覧と、2019年8月の炭鉱跡めぐり旅行記をまとめてみました。

初めての炭鉱跡めぐりだったため、最初は炭鉱跡の回り方や場所の位置関係が分からなく、ひたすら地図とにらめっこしながらの計画でした。

炭鉱跡めぐりってマイナーな観光のせいか、通常のガイドブックにおすすめルート的なものは掲載されていないし、ネットで実際に出掛けた方の記事を見ても分かりづらかったので、今回は旅行中に購入した立坑櫓タオルをベースに以下の3本立てでまとめてみました。

1.空知地方の立坑櫓一覧
 
2.炭鉱跡めぐりで参考になったサイトや資料
 
3.炭鉱跡めぐり旅行記一覧

ほぼ自分の趣味記録みたいなものですが、炭鉱跡めぐりを検討している方にとって、少しでも参考になれば嬉しいな♪という思いもあります。

1.空知の立坑櫓一覧

立坑櫓タオル(赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設にて購入)
空知 立坑櫓タオル

数字は建設年で、立坑櫓と場所は以下の通りです。(順序は左端から)


1919年:北炭幾春別炭鉱錦立坑(三笠市)
1923年:三菱美唄炭鉱立坑櫓(美唄市)
1960年:北炭空知炭鉱立坑(歌志内市)
1960年:住友奔別炭鉱立坑(三笠市)
1963年:住友赤平炭鉱立坑櫓(赤平市)
1967年:北炭幌内炭鉱立坑(三笠市)
1968年:三井砂川炭鉱中央立坑櫓(上砂川町)
1973年:北炭夕張新鉱(夕張市石炭博物館)

※1 1973年:北炭夕張新鉱(夕張市石炭博物館)だけ白抜きになっているのはレプリカだからです。
※2 太字は2019年の旅行で見学できなかった場所です。


立坑櫓タオルは炭鉱跡めぐり初心者の私にとって、非常に参考になるものでありました。

ただ、タオルだけ見てもどこの立坑櫓なのか分かりづらいため、建設年と立坑櫓のある場所を書き留めてみました。

限られた日程かつどこも見どころ満載で、全ての立坑櫓を見学するには難しかったです。

そのため、空知地方の炭鉱跡めぐりは途中で終わってしまった感覚があり、もし機会があれば前回行けなかった立坑櫓の見学を果たせたらと思っております。

次の機会が訪れるかはわかりませんが、もしその時が来たら今回の記事を参考に、炭鉱跡めぐりの続きが出来たらと思います。

2-1.炭鉱跡めぐりで参考になるサイト

そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる(空知総合振興局)

タオルの立坑櫓も上記のサイトも夕張市石炭博物館のスタッフに教えてもらいました。

上記のサイトは空知の町ごとに炭鉱遺産が紹介されていて見やすかったです。

旅行最終日に知ったので、旅行前に知っていれば炭鉱跡めぐりの計画も立てやすかったかもしれません。

炭鉱遺産見学は奥が深く、最初は炭鉱遺産の代表格とも言える立坑櫓に注目しがちですが、見学しているうちに立坑櫓以外の施設や炭鉱産業によって発展した鉄道や街・住宅などにも興味が広がりました。

上記サイトや夕張市石炭博物館でも北の産業革命「炭鉄港」として紹介されております。

歴史を知ることで北海道旅行が更に楽しめると感じたし、過去に出掛けた観光地も炭鉄港のテーマを加えたうえでやり直せたらと思いました。

上記サイトで紹介されている内容をまとめた本もあります。薄いけど文字が多めで本というより資料といった印象でした。

炭鉄港ガイドブック
炭鉄港ガイドブック(奔別炭鉱ガイドツアーにて購入)

2-2.炭鉱跡めぐりで利用したサイトや資料

赤平市に関しては、以下のサイトと地図を参考にしました。

赤平観光協会

炭鉱遺産をめぐり、空知川に憩う赤平ルート

山田御殿で蕎麦を食べられなかったのが残念です。今回、記事を書くにあたり地図を確認したら閉業となっていました。

あとは宿泊先や立ち寄った観光施設に置かれているパンフレットで、興味のあるものを頂いたり使わせてもらいました。

炭鉱の記憶 その先マップ
炭鉱の記憶 その先マップ

「炭鉱(ヤマ)の記憶推進事業団」の【炭鉱の記憶 その先マップ】はサイズ的にも見やすく、内容も充実していて全シリーズ欲しくなりましたが、手に入れたC01とC02以外の存在はわかりません。

機会があればC01の道道38号 岩見沢夕張線沿線に残る炭鉱遺産や、下のゆうばり鉄道廃線跡マップを利用した夕張観光にも興味が湧きました。

ゆうばり鉄道廃線跡マップ

機会のあるいつかまでに、炭鉱遺産が残っていれば良いのですが。。。

3.空知の炭鉱跡めぐり旅行記一覧

以前紹介した炭鉱跡めぐりの一覧です。回ったルートや宿泊先も含めた旅行記です。

彼岸花とオートバイと女性ライダーバイク写真撮影でのスランプ★対岸の彼岸花とオートバイを撮りたくて前のページ

レッドバロン 1年点検と2年点検での価格☆原付二種SR125 4年目の点検次のページYAMAHA SR125 メーター

関連記事

  1. 定山渓大橋からの紅葉と温泉街

    北海道旅行記

    定山渓温泉☆観光と宿【癒しの紅葉スポット7選】

    定山渓大橋からの紅葉と温泉街2019年10月19~22日に…

  2. 洞爺湖と珍小島

    北海道旅行記

    【北海道宿泊記】洞爺湖町の「HOTEL COCOA(ホテル ココア)」を利用した感想

    2018年8月に出掛けた北海道旅行の記録です。印象に残った旅記…

  3. 樽前ガローの苔

    北海道旅行記

    【北海道旅行記】雨の苫小牧「樽前ガロー」と室蘭の喫茶店「ランプ城」

    2018年8月に出掛けた北海道旅行で、個人的に印象に残った光景を書き留…

  4. 夕張市石炭博物館の立坑櫓

    北海道旅行記

    北海道☆空知の炭鉱遺産めぐり➄【夕張市石炭博物館】

    2019年8月中旬、4泊5日で北海道空知地方の炭鉱遺産めぐりを…

  5. 旧住友赤平炭鉱立坑櫓
  6. ズリ山展望広場からの眺め

    北海道旅行記

    北海道☆空知の炭鉱遺産めぐり➁【日本一のズリ山階段&三笠天然温泉宿泊記】

    2019年8月中旬、4泊5日で北海道空知地方の炭鉱遺産めぐりを…

最近の記事

  1. 布袋寅泰 ツアートラックと黄葉
  2. コメダ珈琲 デザートセット
  3. 黄葉とバイク乗り セルフポートレート写真
  4. 黄葉と女性バイク乗り セルフポートレート写真
  5. バイクと光芒 セルフポートレート写真

アーカイブ

  1. 遅咲き桜の下を走るオートバイ

    バイク写真 セルフポートレート撮影

    【バイク写真】遅咲き桜の下でセルフポートレート撮影
  2. 事任八幡宮 拝殿

    SR125/2019年

    【事任八幡宮】お礼参りツーリング&親知らず抜歯手術後の経過
  3. SR125と勝間田城跡の看板

    SR125/2017年

    【勝間田城跡】山道での方向転換に苦戦☆YAMAHA SR125
  4. トーマス号とSR125

    SR125/2017年

    田舎道・突如現る人気キャラ3連発☆YAMAHA SR125
  5. ごまパンとオートバイ

    SR125/2019年

    【るるべ】お茶農家さんのパンを食べて、バイク写真☆YAMAHA SR125
PAGE TOP