SR125(2017年)

逆光に悩まされた梅との記念撮影★YAMAHA SR125

2017年2月3日、梅の花とSR125の記念撮影に苦戦した前回の続きとなります。

快晴下で梅を背景にしたSR125は神々しさを感じる程の美しさだったのですが、逆光ゾーンに入ったせいか、自分の目で見た風景と写真とのギャップがあまりにも激しく、一時はこのまま帰ってしまおうかと落胆するほどでしたが、せっかくなのでもう少し逆光に抗ってみることにしました。

SR125と梅
OLYMPUS E-PL6 / SIGMA 30mm F2.8 DN /

白梅の開花が分かるためにはSR125に近寄るしかないと思い込み、頑張ってはみたけど時間帯と撮りたい角度のせいかどうしても光が入り込んでしまい。

加えて欲張りな私は毎度の事ながらSR125と背景の梅、両方がはっきり写った写真を求めてしまうのですが、やはり毎度の事ながら両方を欲張って見栄え良く撮るのは今の自分には無理な事だと気付いたり。。。

SR125と梅
OLYMPUS E-PL6 / SIGMA 30mm F2.8 DN / ライトトーン

いちばんの解決策は時間帯をずらすか角度を変えれば済むことだと思うのですが、旅先も含めて写真を撮る時ってそんな時間の余裕はありませんし、バイクの場合は角度が限られてしまう事が多く感じるのは自分だけなのかなぁ。。。と思ったり。

そんな事を思いつつ、逆光でカメラの液晶は見辛く、顔にジリジリと日焼けダメージが蓄積されていく感覚が次第に嫌になり、最後は安易な手段で良しとしました。

SR125と梅
OLYMPUS E-PL6 / SIGMA 30mm F2.8 DN / ジェントルセピア

カメラ機能のアートフィルター「ジェントルセピア」で撮ったのですが、このアートフィルターが逆光の光を何となく抑えつつ、黒いSR125の車体も何とか頑張って写し出してくれた気がしました。

結局、逆光に抗うことは途中で諦め、少し離れて撮った方が美しい事に気付いたりで無理やり近くで撮る事もなかったわ。。。という結果に終わりましたが、逆光に抗っていた時間は無駄に感じつつも楽しいひと時でもありました。

私が小・中学生だった頃、「独占!女の60分」というテレビ番組があり、お昼時に毎週見入っていた記憶があるのですが、今回はジャンボ干支の駐車場を昼時に20分ほど独占してしまった事で、かつてのテレビ番組を思い出してしまった次第であります。

ジャンボ干支の駐車場

誰も居ないジャンボ干支の駐車場からようやく撤退です。

ジャンボ干支
所在地:静岡県島田市大代 県道81号線(Google マップ

関連記事

  1. マンフロットのポケット三脚

    SR125(2017年)

    マンフロットのポケット三脚&しくじりバイクファッション★YAMAHA SR125

    2017年9月初旬、数ヶ月前から気になっていた地層の前でSR125との…

  2. SR125のチョーク

    SR125(2017年)

    走り初めはチョークに翻弄されて☆YAMAHA SR125

    2017年1月7日、SR125の記録です。寒い時期に16日間放…

  3. 14系客車とSR125

    SR125(2017年)

    元「急行はまなす」の青色に苦戦!☆14系客車とYAMAHA SR125の記念撮影

    2017年2月3日、SR125で静岡県島田市のジャンボ干支を見に行った…

  4. SR125と彼岸花

    SR125(2017年)

    赤と黒・似合うはずだが難しい☆彼岸花とYAMAHA SR125

    2017年9月下旬、彼岸花を見に行こうとSR125で出掛けたけど満開の…

  5. SR125と梅

    SR125(2017年)

    3月の散りゆく梅と☆YAMAHA SR125

    2017年3月16日、SR125で大井川鐵道の福用駅へ行った前回の帰り…

  6. サングラムカフェとSR125

    SR125(2017年)

    涼を求めて日本茶専門店「サングラムカフェ」に行ってみた☆YAMAHA SR125

    2017年6月16日、SR125で静岡県菊川市沢水加(さばか)へ立ち寄…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ビーチクルーザーのある風景
  2. 苔の上のビーチクルーザー
  3. 夏の水田とビーチクルーザーのある風景
  4. ビーチクルーザー
  5. ビーチクルーザー

アーカイブ

PAGE TOP