SR125(2017年)

池に来たのに池を諦める記念撮影☆YAMAHA SR125

2017年11月中旬、静岡県菊川市の沢水加(さばか)にある畑無の池にようやく行くことが出来た前回の続きです。

池を背景にしたSR125の記念撮影に挑んだものの、昼下がりの日光でカメラの液晶がほとんど見えず苦戦状態に追い込まれた為、池の近くの黄葉した木々などと記念撮影を始めてみました。

SR125と黄葉
OLYMPUS E-PM1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R / ポップアート

赤い実とバイクのある風景
OLYMPUS E-PM1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R / ファンタジックフォーカス

赤い実とは、いつかSR125とみっちり記念撮影をしてみたいと思っているのですが、この日は時間がなくて見送りました。

池の周囲は赤く紅葉している部分もあったのですが、私がバイクを停めた周囲は黄葉の方が多かった印象でした。

池の黄葉

池の黄葉

モミジはこれから赤く変化するのかも。

だとしたら赤くなった頃に再び訪れるのもありかな。。。なんて思ったり。

一旦は諦めた池を背景とした記念撮影ですが、やはり目の前に存在していると気になってしまうようで、気付いたら懲りずに再挑戦。

SR125と畑無の池
OLYMPUS E-PM1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R / ファンタジックフォーカス

SR125と畑無の池
OLYMPUS E-PM1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R / トイフォト

自宅で写真を確認したところ、上の2枚に何となく池が写っておりましたが自分にしか判らないレベルかも。。。

毎度の事ですが無駄とも思えるこのような過ごし方が好きなようで、モヤモヤ考えながらもその後は案外すっきりしているので自分にとっては良い息抜きになっているかもしれません。

つづく

畑無集会所(畑無の池)
所在地:静岡県菊川市沢水加 Google マップ

関連記事

  1. マンフロットのポケット三脚

    SR125(2017年)

    マンフロットのポケット三脚&しくじりバイクファッション★YAMAHA SR125

    2017年9月初旬、数ヶ月前から気になっていた地層の前でSR125との…

  2. SR125と斜めの地層

    SR125(2017年)

    地層と稲穂のある風景を求めて☆YAMAHA SR125

    2017年も厳しい残暑を覚悟していたのですが、9月に突入した初日は爽や…

  3. 中標津土産

    SR125(2017年)

    YAMAHA SR125と秋の空

    SR125、ついに北海道進出か!?OLYMPUS E-PM…

  4. SR125と青田隧道

    SR125(2017年)

    【青田隧道】明治時代の煉瓦を背景に記念撮影☆YAMAHA SR125

    2017年9月末、SR125で黄金色の稲穂を探しに行く直前、静岡県掛川…

  5. 畑無の池

    SR125(2017年)

    行けなかった池にやっと行けた☆YAMAHA SR125

    2017年11月中旬、SR125で以前から行きたかったけど行けなかった…

  6. 福用駅とSR125

    SR125(2017年)

    大井川鐵道 福用駅にて☆YAMAHA SR125

    2017年3月16日、SR125の記録です。寝違えによる首コリ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




最近の記事

  1. 茶畑と梅
  2. だいだらぼっち広場とオートバイ
  3. バイクと茶畑
  4. 亥のジャンボ干支とオートバイ
  5. 芝桜とオートバイ




アーカイブ

  1. 道路から見える風力発電機

    20年目のビラーゴ(2013年)

    風車と記念撮影☆20年目のビラーゴ
  2. オートバイと飛行機のある風景

    SR125(2017年)

    飛行機を待ちわびて【静岡空港 進入灯】☆YAMAHA SR125
  3. 桜とSR125

    SR125(2017年)

    必殺シリーズに憧れて☆上から眺める桜とYAMAHA SR125
  4. ビーチクルーザー

    ビーチクルーザー

    【追憶】リターン・ビーチクルーザー
  5. virago250のバッテリー

    20年目のビラーゴ(2013年)

    バッテリー液を補充☆20年目のビラーゴ
PAGE TOP