SR125/2017年

旧家「河村家住宅」と梅を見に行った☆YAMAHA SR125

バイクと旧家と梅

2017年2月3日、SR125でジャンボ干支を見に行った前回⇒2017ジャンボ干支「酉」とバイク写真☆YAMAHA SR125の続きとなります。

旧家「河村家住宅」の見学

旧家 河村家住宅 母屋

ジャンボ干支が展示されているすぐ近くに河村家住宅(島田市指定文化財)という旧家があるとの事で見に行ってみました。

河村家住宅はジャンボ干支から歩いて直ぐでありました。江戸時代後期、寛政5年(1793)に建てられたそうです。

道沿いから住宅は見えず、最初に目に入るのは古そうな石畳と石垣。右に折れた位置に河村家住宅がありました。

河村家住宅の石畳石畳
河村家住宅 脇屋脇屋

母屋は綺麗に保たれていますが、隣接した脇屋の廃屋っぷりが印象的でした。(脇屋は危険なので立入禁止。)

母屋では2015年12月~2016年1月の日曜日に秘仏である冑佛(かぶとぼとけ)が特別公開されたポスターがジャンボ干支近くに展示してあったのですが、ポスターが過去のものなので現在も公開されているかどうかは不明であります。

河村家住宅から見える梅の花

河村家住宅から見える梅の花
木蓮らしき蕾

さらっと外観見学を済ませて戻ろうとしたところ、河村家住宅の石畳から眺める梅の木が美しかったです。加えて木蓮らしき蕾も青空に映えて美しかったです。

河村家の見学後に気付いたのですが、ジャンボ干支がある駐車場から河村家の屋根が見えました。

冒頭写真を撮った場所では手前の梅が開花して素敵な風景だったせいか、外回りの休憩中らしき車が私が到着した時には既に独占状態。

その車が居なくなったので何気に見に行ったら素敵な風景だったという次第であります。

終りに今回立ち寄った河村家住宅の地図を紹介しておきます。

河村家住宅

所在地:〒428-0009 静岡県島田市大代1882 地図

酉のジャンボ干支とオートバイ2017ジャンボ干支「酉」とバイク写真☆YAMAHA SR125前のページ

梅とバイク写真に苦戦!☆YAMAHA SR125次のページバイクと梅

関連記事

  1. 桜紅葉とSR125

    SR125/2017年

    撃沈ツーリング【西福寺】桜紅葉で仕切り直し☆YAMAHA SR125

    2017年11月初旬、SR125で麻羅地蔵目当てで西福寺に出掛けたもの…

  2. 彼岸花とバイクのある風景

    SR125/2017年

    小道での後退対決★YAMAHA SR125 vs. 軽トラ

    2017年9月下旬、SR125で彼岸花を見に行った前回の続きです。…

  3. 梅と富士山

    SR125/2017年

    早春の梅と富士山☆YAMAHA SR125も加わってみた

    2017年2月15日、SR125の記録です。しばらく寒い日が続…

  4. SR125

    SR125/2017年

    レタス畑のビニールハウスと6cmの小鳥☆YAMAHA SR125

    2017年1月18日、SR125の記録です。温暖な静岡でも寒い…

  5. 福用駅とSR125

    SR125/2017年

    大井川鐵道 福用駅にて☆YAMAHA SR125

    2017年3月16日、SR125の記録です。寝違えによる首コリ…

  6. サングラムカフェとSR125

    SR125/2017年

    涼を求めて日本茶専門店「サングラムカフェ」に行ってみた☆YAMAHA SR125

    2017年6月16日、SR125で静岡県菊川市沢水加(さばか)へ立ち寄…

サイト内検索

最近の記事

  1. マジックアワーの茶畑と女性ライダー
  2. 1本桜とオートバイ
  3. 冬紅葉と女性ライダー
  4. アロエの花と走るオートバイの自撮り
  5. オートバイと空飛ぶバイクジャケット

アーカイブ




  1. SR125と大井川川越遺跡の川会所

    SR125/2016年

    大井川川越遺跡の川会所にて☆納車2週間のYAMAHA SR125
  2. 茶畑とオートバイ

    22年目のビラーゴ/2015年

    【茶畑】愛しのバイク散歩道☆22年目のビラーゴ
  3. ベランダサンダルの足元と靴クリーム

    40代バイクファッション

    何となく試した自撮りで気付く★40代 残念なバイクファッション
  4. 大井川と島田市街

    19年目のビラーゴ/2012年

    涼を求めてお山へ☆19年目のビラーゴ
  5. レタス畑の跡とオートバイ

    SR125/2020年

    春の畑でバイク写真撮影を楽しむ
PAGE TOP