SR125と旧家と梅

SR125(2017年)

旧家「河村家住宅」+梅と記念撮影☆YAMAHA SR125

2017年2月3日、SR125で静岡県島田市のジャンボ干支を見に行った前回の続きです。

ジャンボ干支が展示されているすぐ近くに河村家住宅(島田市指定文化財)という旧家があるとの事で見に行ってみました。

SR125と旧家と梅
OLYMPUS E-PL6 / SIGMA 30mm F2.8 DN /

河村家の見学後に気付いたのですが、ジャンボ干支がある駐車場から河村家の屋根が見えました。

この場所では手前の梅が既に開花して素敵な風景だったせいか、外回りの休憩中らしき車が私が到着した時には既に独占状態。

その車が居なくなったので何気に見に行ったら素敵な風景だったという次第であります。

河村家住宅はジャンボ干支から歩いて直ぐでありました。

道沿いからは住宅は見えず、最初に目に入るのは古そうな石畳と石垣。

右に折れた位置に河村家住宅がありました。

江戸時代後期、寛政5年(1793)に建てられたそうです。

河村家住宅 母屋

河村家住宅 脇屋

母屋は綺麗に保たれていますが、隣接した脇屋の廃屋っぷりが印象的でした。(脇屋は危険なので立入禁止。)

母屋では2015年12月~2016年1月の日曜日に秘仏である冑佛(かぶとぼとけ)が特別公開されたポスターがジャンボ干支近くに展示してあったのですが、ポスターが過去のものなので現在も公開されているかどうかは不明であります。

さらっと外観見学を済ませて戻ろうとしたところ、河村家住宅の石畳から眺める梅の木が美しく。

梅の木

梅の花

1枚目の梅の花の向こうはジャンボ干支の駐車場となります。

河村家住宅は少し坂道を上がった場所にあるので、石畳から梅の木を見下ろす形となりました。

河村家住宅の石畳

実際の風景は写真よりもずっと美しく。。。

つづく

河村家住宅
所在地:島田市大代1882番地の1 Google マップ

関連記事

  1. SR125と斜めの地層

    SR125(2017年)

    地層と稲穂のある風景を求めて☆YAMAHA SR125

    2017年も厳しい残暑を覚悟していたのですが、9月に突入した初日は爽や…

  2. SR125と小泉屋

    SR125(2017年)

    「静岡おでん」を求めて小夜の中山 小泉屋へ行ってみた☆YAMAHA SR125

    2017年6月6日、SR125で旧東海道菊川坂の石畳に立ち寄った前回の…

  3. SR125と赤い実

    SR125(2017年)

    赤い実とバイク【紅葉からXmasへ】☆YAMAHA SR125

    2017年11月下旬、SR125で赤いモミジ目当てで出掛けた前回の続き…

  4. タイヤに付いた菜の花の花びら

    SR125(2017年)

    桜パトロール前の寄り道☆YAMAHA SR125

    2017年4月4日、今年は静岡でも桜の開花が遅れており、花見にはまだ早…

  5. 畑無の池

    SR125(2017年)

    行けなかった池にやっと行けた☆YAMAHA SR125

    2017年11月中旬、SR125で以前から行きたかったけど行けなかった…

  6. 水田とバイクのある風景

    SR125(2017年)

    初夏の田んぼと崖を背景に記念撮影☆YAMAHA SR125

    2017年5月19日、SR125で東海道日坂宿に立ち寄った前回の続きと…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




最近の記事

  1. 身延山久遠寺 三門
  2. SR125メーター
  3. 青洲楼
  4. バイクと彼岸花
  5. バイクとレトロ建築




アーカイブ

PAGE TOP