SR125(2017年)

行けなかった池にやっと行けた☆YAMAHA SR125

2017年11月中旬、SR125で以前から行きたかったけど行けなかった池にやっと行くことが出来ました。

畑無の池

その池は静岡県菊川市の沢水加(さばか)にある「畑無の池」らしく、ぢつは以前紹介した西福寺へ行く際、通りがかりに見学するつもりでしたが近くまで来ていながら思いっきりスルー。

自宅で何度も地図を確認したのに方向音痴って悲しい。。。

帰宅して旦那に「SR125でどうしても行きたい池があるけど、近くまで来ているのにどうしても池に行けない。」とこれまた以前紹介した地層の時と同じように訴えたところ、近くの山道を車で通った際「ここから狙いを定めれば行けるだろ。」との助言を受けて確認した場所が以下となります。

畑無の池

中央の水たまりみたいなのが目的の池となります。

最初の写真がズームで確認したものですが、エメラルドグリーンの色合いに加えて周囲の木が紅葉しており、素敵な風景が期待できそう♪

SR125と山道
OLYMPUS E-PM1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R / ポップアート

さっそく狙いを定めて池を目指して山道を下ったのですが、どうやら狙いがズレていたようで今回も池の近くに居ながらも辿り着けず。

少しばかり周辺を彷徨っていたら思いのほか近くに池の一部があり、ようやく池と対面することが出来ました。

SR125と畑無の池
OLYMPUS E-PM1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R /

ただ池とバイクの記念写真を撮るには困った状況でした。

昼下がりの日光でカメラの液晶がほとんど見えず、池が撮れているのかも判らないうえに自分が目にした色合いを出すには難しさを感じてしまい。

黒い格子柵も悩ましい存在で色々と悩みながら撮った写真を自宅で確認したところ、最初に撮った1枚がいちばん無難だった。。。!という毎度のパターンでありました。

そんなんで池とバイクの記念写真は諦め、まずは池と紅葉がある景色を楽しんでみました。

畑無の池と紅葉

畑無の池と紅葉

メジャーな紅葉スポットではないですが、誰もいない静かな環境で小さな季節感を味わう事が大好きな私にとっては至福のひと時でありました。

久々の「独占!女の60分」状態だったかもしれません。

アタッカー・ムヒカによる池の紅葉アタック!

ちなみに「独占!女の60分」は現在40代の私が小中学校の頃にテレビで見ていたバラエティ番組です。

加えて写真を撮った場所は「畑無集会所前」で、昼飯のおにぎりも集会所前の階段で池と紅葉を背景にしたSR125を眺めながら食べました。

池は端っこの部分のせいか澱んでおり、周囲の景観もすこぶる素晴らしいとは言えない場所でしたが、「こんなところで!?」という場所で如何に季節感ある写真を撮る事をテーマにしている自分には久々に夢中になれたポイントでありました。

その後は「SR125と紅葉」にテーマを絞り、独占!女の60分の前半を費やすことになりました。

長くなったので続きは次回に持ち越します。

畑無集会所(畑無の池)
所在地:静岡県菊川市沢水加 Google マップ

関連記事

  1. SR125と茶畑のニューラックモノレール

    SR125(2017年)

    産業用モノレールのレールと記念撮影☆YAMAHA SR125

    2017年7月23日、茶畑のある山道でニューラックモノレールと記念撮影…

  2. SR125と梅

    SR125(2017年)

    3月の散りゆく梅と☆YAMAHA SR125

    2017年3月16日、SR125で大井川鐵道の福用駅へ行った前回の帰り…

  3. SR125

    SR125(2017年)

    レタス畑のビニールハウスと6cmの小鳥☆YAMAHA SR125

    2017年1月18日、SR125の記録です。温暖な静岡でも寒い…

  4. SR125と桜

    SR125(2017年)

    咲き始めの桜と☆YAMAHA SR125

    2017年4月4日、桜パトロールと称し、桜の開花状況をSR125で見に…

  5. ハングライダー
  6. 小さなプラントとSR125

    SR125(2017年)

    【工場昼景】NEWアイテムで挑む山の中の小さなプラント☆YAMAHA SR125

    2017年12月中旬、NEWアイテム【フィッシュアイボディーキャップレ…

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • selen
    • 2017年 11月 20日

    最初の一枚が一番いい・・・
    同じことを、いつも思っていました。
    何カットも同じ風景を少しづつ変えながら撮っても、
    やはり、最初の一枚が一番いい。
    自分でもすごく謎の部分なのですが・・・
    自分が感じた一枚目の大切さ、直感で捉えた一枚。
    ムヒカさんの記事から、一枚の大切さを改めて思い出しました。

    • ムヒカ
    • 2017年 11月 20日

    selenさん
    コメントありがとうございます。
    デジタルカメラだと際限なく撮れてしまうので、同じような風景を何度も撮ってしまいます。
    それがデジタルの良さでもありますが、やはり最初の1枚を今後はもっと尊重したいと感じます。

    • いっちゃん
    • 2017年 11月 23日

    目的地の近くにいるハズなのに、たどり着けずにぐ~るぐ~る。
    私も勘で走ることがあるので、時々あります。
    お陰で思わぬ場所、風景が見れることがあったりするので、これはこれで良いのかなぁと思います。
    最適ルートで走るのが全てではないですよ。方向音痴も時にはヨシです(笑)

    • ムヒカ
    • 2017年 11月 23日

    いっちゃんさん
    自身の方向音痴に落ち込んでいましたが、とても勇気づけられるコメントに感謝です♪
    確かに迷ったおかげで意外な風景に出会えた事は、今まで多々あった事を思い出しました!

最近の記事

  1. ビーチクルーザーのある風景
  2. 苔の上のビーチクルーザー
  3. 夏の水田とビーチクルーザーのある風景
  4. ビーチクルーザー
  5. ビーチクルーザー

アーカイブ

PAGE TOP