virago250

20年目のビラーゴ(2013年)

二人乗りでもめまい感★ビラーゴ・20年目のタンデム記録

2013年10月14日、購入から20年目のビラーゴ250の記録です。

ビラーゴ運転中のめまい感に不安を感じ、旦那に運転を任せて二人乗りという手段でお出かけした前回の続きです。

蓬莱橋の次に向かった先は、静岡県菊川市にある千框(せんがまち)の棚田。

virago250
OLYMPUS E-PL3 / M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR /

ビラーゴで散歩中に見かけた2012年10月以来、バイク乗車の際はほぼ立ち寄っている大好きな場所であります。

この日は旦那も一緒だったので、バイクを停めて棚田を見学できる小道を散策。

千框の棚田 散策路とススキ

棚田はいつ訪れてもその時期の季節感を味わえるため、つい足を運んでしまいます。

この日は稲を干す作業を見ることが出来ました。

棚田での稲木干し

棚田の稲木干し

加えてこの頃はススキとセイタカアワダチソウの共演も素敵で、19年目のビラーゴ記録・2012年10月の記事でも紹介済みであります。

棚田を見学後、熱いコーヒーを求めて掛川市にある喫茶店「ぎょくろ」へ。

ぎょくろ前のvirago250
OLYMPUS E-PL3 / M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR /

店名は「ぎょくろ」ですがコーヒー店です。

利用客の年齢層が高く、おじいちゃんが書き物をしてたり新聞を読んでいるような昔ながらの喫茶店です。

私は近場乗りメインなので飲食のため一人でお店に寄ることは滅多にないので、バイクで飲食店へ向かうのは二人乗りならではの楽しみかとも思ったり。

ただ店内ではクラクラしためまい感が出て落ち着きませんでした。

体調が悪い時は寝込む事もあったので、二人乗りでもバイク乗車しようと思えるほど回復したのは大きな前進でしたが、今思うと中途半端なめまい感だったので対処に困りました。

私の場合、就寝時にエレベーターでガクッと落ちるような感覚があり、そのまま回転性めまいに発展するような感じがとても不快でした。

過去に母親の回転性めまいの症状を見ていたので回転性めまいに対する恐怖は大きく、始終寝返りを打って気を紛らわせていたので睡眠不足に。

そのうち回転性めまいを恐れるあまり、寝床で横になる事すら怖くなり不眠になってしまいました。

通院しても効果のない薬を処方されるだけ、Dr.にも原因が判らないと言われ、これは自分で何とかするしかないなぁ。。。と感じた頃でした。

ぎょくろ
所在地:静岡県掛川市金城134 Google マップ

関連記事

  1. virago250

    20年目のビラーゴ(2013年)

    【冬散歩】めまい感からの復活乗車☆20年目のビラーゴ

    購入から20年目のビラーゴ250の記録です。2013年8月に発…

  2. 紫陽花とvirago250

    20年目のビラーゴ(2013年)

    ストックフォトによる思い出作り☆20年目のビラーゴ

    2013年の春頃から、ビラーゴ250とのお別れを漠然と考えるようになり…

  3. virago250とサザンカ

    20年目のビラーゴ(2013年)

    自転車屋さんで最後のバイク修理☆20年目のビラーゴ

    2013年12月下旬、購入から20年目のビラーゴ250の記録です。…

  4. virago250のバッテリー

    20年目のビラーゴ(2013年)

    バッテリー液を補充☆20年目のビラーゴ

    2013年6月23日、購入から20年目のビラーゴ250の記録です。…

  5. virago250

    20年目のビラーゴ(2013年)

    【すれ違い】バイクと手押し車☆20年目のビラーゴ

    2013年12月初旬、購入から20年目のビラーゴ250の記録です。…

  6. ユリとvirago250

    20年目のビラーゴ(2013年)

    バイク乗車への不安★20年目のビラーゴ

    2012年12月1日に冬眠したビラーゴ250のお目覚めは、約半年ぶりの…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




最近の記事

  1. 空気の抜けたオートバイ
  2. 第二海軍技術廠牛尾実験所跡
  3. きけん看板とオートバイ
  4. 花沢の里
  5. 大井海軍航空隊の記念碑とオートバイ

アーカイブ

PAGE TOP