SR125(2019年)

バイクで高速道路から見た一本桜を探しに行く☆YAMAHA SR125

桜と茶畑とバイクのある風景
OLYMPUS E-PL6 / BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye) /

2019年4月9日、バイクでソメイヨシノを見たく、以前から気になっていた茶畑の一本桜をSR125で目指してみました。

今回目指した茶畑の一本桜は、花見スポットとして知られている場所ではありません。

近場かつ小さなバイクの利点を生かし、花見ポイントもバイクに乗って自ら探しに行きますよ!

東名高速から見える茶畑の一本桜

青いキャリアカーが通過中の茶畑から見る高速道路
茶畑とオートバイと高速道路と桜
OLYMPUS E-PL3 / SIGMA 30mm F2.8 DN /

今回見に行った一本桜は東名高速を名古屋方面に走っていると、静岡県の菊川-掛川IC
間で見える茶畑風景の一部であります。

運転しているとじっくり見れない風景ですが、助手席だったら可能かな。

数年前に茶畑の一本桜の存在に気付き、いつかその場所にバイクで行ってみたいと思うように。

新芽の出始めた茶畑に咲く桜色はたいへん際立って美しく、バイク写真を趣味としている私にとって、年に一度の撮影ポイントとして狙いを定めておりました。

今まで高速道路から見ていた一本桜の風景を2019年は逆側から見てみたく、久々におにぎりを拵え張り切って出掛けた次第であります。

イメージ通りにいかないバイク写真撮影

桜とオートバイのある風景
OLYMPUS E-PL3 / SIGMA 30mm F2.8 DN / ポップアートⅡ

張り切って出掛けた茶畑の一本桜ですが、出遅れたようで満開のピークは過ぎておりました。

ずっと遠目から眺めていた風景なので、実際に行くと想像していた状況とは異なり興味深かったのですが、自分がイメージしていたバイク写真を撮るには少々落胆するシーンが多かったです。

桜のすぐ裏はお山のようで、隣りの茶畑からは切り立った崖が確認できました。

そのため、桜の下でバイク写真を撮るとなると日陰になってしまい。

加えて高速道路から見た風景が印象深かったので、同じような形で茶畑と桜とSR125を撮ろうとしたものの、少し下ると茶畑の傾斜でSR125がお茶の木に隠れてしまい、最初にイメージしていた写真は撮れませんでした。

素人が思い付きで出掛けているため、上記のような事はバイク写真目当てで向かった先ではよくあるパターンなので気にしません。

まだお茶刈り前なので通過する軽トラも少なく、日陰になっていたおかげで近くに腰掛けて景色を見ながらおにぎりを食べるには良い場所でありました。

ちなみに茶畑の一本桜と似たシチュエーションで、茶畑の中の紅梅に挑んだ事もありました。

この時もイメージ通りにいきませんでしたが、自分なりの最善を尽くしている最中が案外ストレス解消になっているような気がしております。

お茶が生まれた場所

お茶の記念碑と桜とオートバイ
OLYMPUS E-PL6 / BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye) /

一本桜の下には、記念碑らしきものが建てられておりました。

「お茶が生まれた場所」的な文言が刻まれており、桜も記念樹として植えられたのかと想像したり。

桜目当てで向かった場所でしたが、この日はそこから眺める茶畑風景がいちばん美しく感じ、途中から桜は諦め、茶畑とバイク写真撮影に夢中になってしまいました。

やっぱり茶畑が好き♪
茶畑とオートバイのある風景
OLYMPUS E-PL6 / BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye) /

自撮りカメラの故障

桜咲く茶畑を見下ろすバイク乗り
CASIO EXILIM / EX-FR100 /

2018年10月、縁あって私の元にやって来たカシオのエクシリムFR100。

一長一短があるカメラですが、一人でのバイク乗車が多い私にとっては自撮りカメラとしてすっかり定着。

この日も一本桜の下で自撮り三昧を決め込もうと張り切っていたのですが、数枚撮ったところでコントローラーの画面がフリーズ。

カメラ部分の電源が切れなくなり、カメラ本体も熱を帯びていつもと様子が異なり、復活しそうな気配がないので帰ることにしました。

風は強くて桜も半分以上散っており、バイク写真も不完全燃焼で終わったのは残念ですが、一本桜の桜吹雪をSR125と共に全身で浴びる事が出来たのは天候のなせる技かと感じたり。

バイクと散り桜
OLYMPUS E-PL6 / BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye) / ファンタジックフォーカス

桜吹雪を撮る練習をしないと。。。

一本桜に通じる道

茶畑の小道

ローギア発進で慎重に上がってきた坂道を、帰りはエンジンブレーキを最大に効かせて慎重に下ります。

上りで軽トラと鉢合わせたら終わりかと思いましたが、見通しが良いのでなんとか大丈夫でした。

高速道路から見た道をそのまま突き進んできましたが、この小道ってお茶農家さんの私道だったらバイクで勝手に走っちゃダメかもしれません。

次回は一本桜の前にあった少し広い道から出向いた方が良さそうですが、カメラが壊れたショックで近くを散策もせずに戻ってしまったので、気が向いた時にリサーチしたいと思います。

故障したカシオ エクシリムFR100の復活方法

自宅で充電し直してもカメラ部分の電源は入らず、これはもう修理に出すしかないと思い込み。

GWの旅行までに修理が間に合うかカシオさんに問い合わせてみたところ、修理依頼前の確認として「カメラとコントローラーのリセットボタンは押されましたか?」と聞かれ、コントローラーは押したけどカメラは押してないことに気付かされ。

通話しながら爪楊枝でリセットボタンを押したら、どうやっても電源が入らなかったカメラがピコーン!と復活。

とりあえず修理は見送りで様子見となりましたが、今後はリセットボタンをいつでも直ぐに押せるよう爪楊枝を携帯しようと思いました。

これを機に取説のダウンロードを試みようと思ったのですが、仮にダウンロードしても読まないだろうなぁ。。。と思い、また何かあったら電話に頼ろうと思いました。

☆☆☆

高速と並走する道路から見た茶畑と一本桜
新芽の生えた茶畑

半分以上散った状態だったので、茶畑の下から見上げても桜の花がまばらであまり目立ちませんでした。見る場所が近過ぎるせいもあるかも。

来年に持ち越しです!

関連記事

  1. 御前崎でバイクと自撮り

    SR125(2019年)

    おばさんバイク乗りの憂鬱

    前回、梅雨の晴れ間にバイクでパン屋さんに立ち寄った記事を書いたのですが…

  2. 煙とバイク 稲わら焼き
  3. 海岸とバイクのある風景
  4. バイクとコスモス
  5. 茶畑と梅

    SR125(2019年)

    【大寒】バイクで早春を探しに行く☆YAMAHA SR125

    2019年1月23日、1年でいちばん寒さの厳しい大寒の時期にS…

  6. インナープロテクター

    SR125(2019年)

    【レビュー】夏でも着れた!ちょい乗り向けバイク用インナープロテクター

    2019年5月、薄着の夏こそプロテクターが必要だと今更ながらに…







最近の記事

  1. SR125メーター
  2. 小さなトンネルとバイク
  3. バイクとコスモス
  4. バイクと彼岸花のある風景
  5. 煙とバイク 稲わら焼き

アーカイブ

  1. キタキツネ

    北海道旅行記

    【北海道旅行記】洞爺湖近くで出逢ったキタキツネ
  2. virago250

    21年目のビラーゴ(2014年)

    素人には手に負えない領域へ★21年目のビラーゴ
  3. ススキとセイタカアワダチソウ

    19年目のビラーゴ(2012年)

    秋の棚田でジオラマ機能に苦戦する☆19年目のビラーゴ
  4. 梅と富士山

    SR125(2017年)

    早春の梅と富士山☆YAMAHA SR125も加わってみた
  5. SR125

    SR125(2016年)

    大井川川越遺跡・十番宿の兄貴と一緒に☆納車2週間のYAMAHA SR125
PAGE TOP