SR125/2020年

秋のバイク写真撮影★ひっつき虫(植物)と夕陽

ひっつき虫と夕陽とオートバイ

2020年10月29日、SR125で夕方の茶畑周辺をお散歩中、夕陽を浴びた「ひっつき虫」を背景にしたバイク写真を撮りたくなり、多重露出の練習も兼ねて挑んでみました。

今回は、バイク写真撮影時に取り入れると秋らしさがUPするひっつき虫の名脇役ぶりについて書き留めてみました。

ひっつき虫とは

ひっつき虫とは虫ではなく植物であります。正式名はコセンダングサだったかな。

道ばたや空き地に生えている雑草で、秋になると黄色い花が咲きます①。

花が散ると棘のある筒状の実になり②、次第に棘は放射状に広がって衣服などにくっつくといったところです③。

①とのバイク写真

ススキとセイタカアワダチソウとネコジャラシとオートバイ

手前のボケた黄色がコセンダングサの花で、奥はセイタカアワダチソウの黄色です。

異なる植物ですが、似たような黄色だったため写真を撮るには好都合だったかな。まだ棘はないので衣服にはくっつきません。

②とのバイク写真

夕陽を浴びたひっつき虫とオートバイ

黄色い花が散ると筒状の棘のある実に変化します。今回撮りたかったバイク写真は、この状態のひっつき虫です。

空に向かって伸びた筒状の実は、紅葉のような派手さはないけど地味~に秋らしさを感じる光景であります。

夕陽を浴びたシルエットが素敵だったので、多重露出を利用してSR125と重ね合わせてみました。

バイク写真撮影中の③

服についたコセンダングサの棘

筒状から次第に放射状に棘が広がりひっつき虫となります。もこもこ素材に付くと最悪!

里山の道沿いでバイク写真撮影をすることが多い私は、毎年のように下半身が棘だらけになっておりますが、棘にさえ注意すれば、秋のバイク写真撮影時での名脇役だと思っております。

もう少し季節が進むと、放射状となった棘のシルエットが増えるはず。

でもその頃になると、秋よりも冬の寒さの方が気になってしまうかな。

おまけの夕陽とバイク写真

夕陽のスポットライト

夕日を浴びるオートバイ
もう少し引いて撮りたかったけど、これ以上は下がれず。。。
 

里山の夕陽とオートバイ

里山の夕陽とオートバイ
列車通過を待ったがタイミングが合わず。。。
 
普段のバイク乗車は昼間がほとんどなので、夕陽とのバイク写真撮影の練習も兼ねたお散歩でした。

その後、十三夜月との写真撮影に挑んだのは前回紹介済みです。

十三夜月とオートバイ多重露出でバイク写真撮影★十三夜月とオートバイを撮りたくて前のページ

小型三脚でバイク写真撮影(自撮り)☆Fotopro(フォトプロ) FZ-158を試した感想次のページ秋の夕陽と女性ライダー

関連記事

  1. バイク ゾロ目のオドメーター

    SR125/2020年

    【バイク写真撮影】ゾロ目のオドメーターを楽しみたい

    2020年3月9日15時5分、SR125のオドメーターが【77…

  2. 白い桜とオートバイ

    SR125/2020年

    白い桜とバイク写真撮影を楽しむ

    2020年3月26日、桜パトロールと称し、ソメイヨシノの開花状…

  3. 柿とオートバイと女性ライダー

    SR125/2020年

    紅葉にはまだ早かったバイク散歩

    2020年11月13日、SR125で紅葉(黄葉)を期待して里山…

  4. 林道に停車するオートバイと女性ライダー
  5. 桜と茶畑のある小道を走る女性ライダー

    SR125/2020年

    茶畑と桜☆バイク写真撮影を楽しむ

    2020年4月3日、前回に続き、バイク写真撮影を楽しもうとSR…

  6. 菜の花とバイク

    SR125/2020年

    菜の花とバイク写真撮影を楽しむ

    2020年3月19日、SR125で土手沿いに咲く菜の花を見に行…

最近の記事

  1. ベランダサンダルの足元と靴クリーム
  2. 紅葉と他撮り風バイク写真
  3. 荷物を入れたラフ&ロード ホルスターバッグ
  4. モスクと女性ライダー
  5. 柿とオートバイと女性ライダー

アーカイブ




  1. レンガアーチとオートバイ

    SR125/2020年

    【レンガアーチ】小さな橋梁と、バイク写真撮影
  2. SR125/2016年

    赤男爵からのギフトと自前ギフト
  3. 福用駅とSR125

    SR125/2017年

    大井川鐵道 福用駅にて☆YAMAHA SR125
  4. 耕された春の畑とオートバイ

    同じテーマのバイク写真

    【小さな橋】バイク写真撮影記録
  5. 抜里駅

    21年目のビラーゴ/2014年

    大井川鐵道の無人駅を目指して☆21年目のビラーゴ
PAGE TOP