SR125/2020年

40代★軽い寝違え状態でのバイク散歩と冬紅葉

2020年12月11日、寝違えでのバイク散歩については後ほど記載するとして、まずはSR125で見に行った冬紅葉から!

冬紅葉
オレンヂ色の冬紅葉

もみじ饅頭と冬紅葉
もみじまんぢゅうと冬紅葉

手のひら紅葉とオートバイ
手のひらもみじと冬紅葉

上写真は前月出掛けた場所と同じです。11月は緑多めのグラデーションでしたが、今回は橙色に染まっていました。

冬紅葉とオートバイ 2020年12月11日
紅葉のグラデーションとオートバイ 2020年11月25日

真っ赤な冬紅葉を期待したけど、温暖な平地ではなかなか赤くはならないのかな。。。

炎のような橙色の紅葉とのバイク写真も素敵だと思いましたが、以下の記事でも記載通り、アロエの花との走行写真で気力を使い切ってしまい、ざっくりな記念撮影で精一杯でした。

少し離れた場所にあるイチョウの黄葉も見頃でした。

イチョウの黄葉

年ごとに黄葉具合は異なると思いますが、この日はまだ落葉もない状態でした。

次回(来年)はイチョウの木の下にバイクで行ってみたく思います。

寝違え状態でのバイク散歩

タイトルにも記載通り、この日は朝起きたら軽い寝違え状態で首や背中に違和感が。。。

運動不足な40代にありがちなパターンですかね。

でも寒波前のせっかくの好天日を家で過ごすのは勿体ない!

それほど酷くはない寝違えだったし、冷えによるちょっとした不調はよくあることなので、バイク乗車は決行いたしました。

乗り始めは寝違えと別の理由でギクシャクした乗車でしたが、ようやく平地でも紅葉が進み、バイク散歩中は癒やしのひと時でありました。

ただ、バイク乗車から数日後にコリが悪化して久々に寝込んでしまいました。

バイク乗車が直接の原因ではないと思いますが、思い起こすと些細な事ながらも寝違え時には良くなかったと思われる動きや行動が思い当たりました。

同じ過ちを繰り返さないためにも、反省を兼ねて思い当たる点を3つ書き留めてみました。

①マフラー(ストール)を忘れた

涼しかった首周り
アロエの花とオートバイの自撮り

この日も静岡に冬は来ないのでは。。。と感じるほどの暖かい日でありましたが、12月も半ばに近付いたため、バイク乗車時の服装を冬用に切り替えてみました。

バイク乗車時って細々した持ち物が多いため、服装が変わると忘れ物をする確率も上がります。

マフラーはオールシーズン習慣となっているため、風のない温暖な日といえども、寝違えで血行不良状態の首周りに巻いていないのは体に厳しかったかもしれません。

ちなみにマフラーは自分の場合、頭から覆ってからヘルメットを被り、あご紐締めてからマフラーを首に巻き付けて後方で結んでおります。

頭から首にかけて布がつながっているため、首だけにマフラーを巻くよりも風が入ってこないぶん保温性が高いです。

マフラー着用例
紅葉とバイク 他撮り風自撮り写真

バイク乗車時は首を動かして安全確認することが多いので、首を余裕で動かせる範囲内で巻くのがポイントです。

②紅葉を見上げる動作

冬紅葉と女性ライダー

紅葉鑑賞って見上げることがほとんどだと思いますが、寝違え状態だとこの動作はちょっと辛いですね。

調子こいて自撮りしちゃってるのも、より一層の負荷がかかったかも。。。

ぢつは子供の頃からうつ伏せで寝る癖があります。

寒くなるとお腹を温めようとするのか、無意識のうちにうつ伏せになってアザラシみたいな格好で寝てしまうパターンが多いです。

そうなると、あごを上げようとした時に首の後ろにかけて痛みが出てしまう寝違えがほぼ確定です。

20代までは若さによる血行の良さで変な寝相でも余裕でしたが、30代・40代と年齢を重ねると、うつ伏せ寝は高い確率で寝違えを起こすので気を付けてはいるのですが、寝ている最中だから難しい!

園児のお昼寝タイムみたいに、うつ伏せ寝をしている子は先生がひっくり返してくれるようなシチュエーションに憧れてしまいます。

③動きを制限されるパンツ

オス犬の足上げオシッコではありません
アロエの花とオートバイを跨ぐ女性ライダー

ジャストサイズだったパンツが太ったせいで動きを制限され、バイクを跨ぐのもぎこちなかった!(写真はインターバル撮影で偶然撮れたものです)

パンツも冬用として、以前購入した「ワークマンの防風ウォームパンツ」に切り替えたのですが、穿いた瞬間から脱ぐ直前までずっと苦しかったです。

洗濯して縮んだのかな。。。?と思ったりもしましたが、洗濯による縮みなら穿いた時だけで済みますが、脱ぐまで苦しかったので太ったことを悟りました。

上半身は寝違えでぎこちないし、下半身はズボンがきつくて本当にこの日は体の動きが制限されている感覚でした。

寝違えは治るのを待つしかないですが、動きにくいパンツはすごいストレスだったので、帰りにしまむらで防風パンツを買いました。

しまむら 裏地あったかパンツ 防風
しまむら 裏地あったかパンツ防風

「ホントに防風?」と思える薄さですが、冬でも気温14~15℃くらいでないとバイク乗車しないので、次回試してみようと思います。

同じ日にユニクロでもあったかパンツ系の広告が入ってましたが、防風機能のある暖パンはメンズしかなかったので見送りました。

ワークマンも気になっているのですが、生活圏内のお店では、もともと在庫が少ないのか直ぐに売れてしまうのか、自分の欲しいサイズやカラーはほぼ間違いなく在庫がないため、手堅くしまむらで良しとしました。

ちなみに2018年に購入したワークマンの防風ウォームパンツもラスト1本でした。

上の記事はワークマンの防寒ブーツのレビューがメインですが、防風ウォームパンツについても書き留めてます。よろしければ!

パンツを穿いた印象は、同じウエストサイズでもワークマンの防風ウォームパンツはピチピチ、しまむらの裏地あったかパンツ 防風はゆるめでした。

そのため、しまむらパンツはベルトが必須かも。冬は腹巻きしたりするからベルト無しでもいけそうだけど、無いとずり下がるような感覚がありました。

かと言ってワンサイズ下げると、またしてもピチピチになりそうなのでパンツ選びって難しい。。。

軽い寝違えで寝込んだ最大の要因

バイク散歩しながら紅葉を楽しみ、数日後も寒いなか大掃除の窓拭きしたりと元気だったのですが、まだまだ元気が足りないぜ!と思い、久々に張り切って腕をぶん回しながらウォーキングしたら寝違えが悪化。

頭痛にまで発展するほど酷くなってしまい、寝込んでしまう日もありました。

寒波も温暖な静岡だから大したことないと思っていたら、今まで暖かったぶん寝違えにダイレクトに寒さが響いて辛かったです。

結果的には、軽い寝違えを自らとどめを刺す形となってしまい悔やんでおります。

寒空の中、ウォーキングなんかするんぢゃなかった。。。!

ウォーキングしただけで寝違えが酷くなったということは、バイク乗車中から既に無理があったかもしれません。

今後は気を付けたいと強く思いました。

寝違えから10日以上経ちますが、まだ首と背中は違和感があります。

年内はあと1回くらいはバイク乗車できるかな。。。なんて思ってましたが今のままでは無理っぽい。。。

バイク乗車中や写真を撮っている最中は楽しかっただけに、早くこの忌々しい状況から抜け出したく思います。

アロエの花と走るオートバイの自撮り【アロエの花とオートバイ】渾身の自撮り走行写真前のページ

鬼平犯科帳 エンディング風なバイク写真も4回目☆YAMAHA SR125の四季次のページ1本桜とオートバイ

関連記事

  1. 菜の花とバイク

    SR125/2020年

    菜の花とバイク写真撮影☆自分好みの色合いを楽しむ

    2020年3月26日、SR125で再び土手沿いに咲く菜の花を見…

  2. ユリを見る女性ライダー

    SR125/2020年

    ユリと蝶とオートバイと☆バイク写真撮影定番化のリセット

    長雨と新型コロナウイルスの感染が気になり、Go To トラベル…

  3. バイクとマツバウンラン

    SR125/2020年

    野花と楽しむバイク写真撮影☆マツバウンラン編

    SR125で里山をお散歩中、マツバウンランという野花の群生を発…

  4. 茶畑のブルーアワーとオートバイ

    SR125/2020年

    マジックアワーの茶畑でバイク写真撮影(自撮り)

    2020年11月5日、マジックアワーとのバイク写真撮影(自撮り…

  5. 一本桜としだれ桜とバイク

    SR125/2020年

    しだれ桜とバイク写真撮影を楽しむ

    2020年4月3日、桜パトロール第2弾と称し、SR125で桜を…

  6. 紅葉と他撮り風バイク写真

    SR125/2020年

    【実演】紅葉と、他撮り風バイク写真撮影

    2020年11月25日、SR125で紅葉目当てで里山へ行ってみ…

サイト内検索

最近の記事

  1. マジックアワーの茶畑と女性ライダー
  2. 1本桜とオートバイ
  3. 冬紅葉と女性ライダー
  4. アロエの花と走るオートバイの自撮り
  5. オートバイと空飛ぶバイクジャケット

アーカイブ




  1. 花沢の里

    21年目のビラーゴ/2014年

    【花沢の里】バイク写真目当てで行ってみたが。。。★21年目のビラーゴ
  2. 夕張市石炭博物館の立坑櫓

    北海道旅行記

    北海道☆空知の炭鉱遺産めぐり➄【夕張市石炭博物館】
  3. SR125

    SR125/2017年

    2017年☆赤男爵からの年賀状に驚く
  4. 灯台から眺めた御前崎海岸

    22年目のビラーゴ/2015年

    【御前崎】最後のキラキラツーリング☆22年目のビラーゴ
  5. お茶ぼっこ

    SR125/2018年

    バイクで行くカフェ【お茶ぼっこ】☆山道沿いのピラミッドを目指して
PAGE TOP