SR125(2017年)

西福寺の麻羅地蔵を目指して☆YAMAHA SR125

オートバイと西福寺の山門 山門
西福寺 山門の標語 標語

2017年11月3日、SR125で静岡県菊川市にある西福寺(さいふくじ)に行ってみました。

山門も標語も至って普通ですが、西福寺は子宝・安産のお寺であります。

今の自分には用無しな感じですが、この日はタイトルに記した麻羅地蔵目当てで訪れました。

麻羅とは男根の形をした石なんですが、西福寺の麻羅地蔵は石棒に荒縄が容赦なく巻きつけられており。

出掛けにグーグルマップで行き先を模索中、上記の写真を見てしまい。

日本や世界の各地には男根を象徴した崇拝物がありますが、荒縄で巻かれた状態は珍しいかと思い、激しく反応してしまいました。

バイクカバーをかけたオートバイ
かつては荒縄でバイクを縛っていた事も思い出し、ハード路線好みとしては見逃せません!

おにぎりと必殺手ぬぐい
ちなみに大好きな必殺シリーズも、子供の頃に見ていたファミリー向けではなく、初期のハード路線が好みです。

出掛けにおにぎりまで作り、はやる気持ちを抑えつつ麻羅地蔵を探したところ、どうやら本堂内にいる気配が。。。

西福寺 本堂

扉に鍵は掛かっておらず、自由に出入りが可能でした。

麻羅地蔵だけが目当てでしたが、本堂に入ったからには参拝をする展開に。。。

お賽銭 → 祈り → 記帳を済ませ、左手に目をやると赤い目印がすぐそこに!

麻羅地蔵提灯

私以外は誰も居らず、忍びの如く提灯の下に潜り込み、期待していた麻羅地蔵を確認すると。。。

西福寺 子授地蔵

参拝者による絵馬で、ほんの僅かな先っぽと根元しか拝めませんでした。

「これでは何なのか判りません!」と言いたいところですが、石棒が隠れるほどの絵馬があるということは参拝者が多いのでしょう。

昔は荒縄を実際に石棒に巻き付けてお参りしていたようですが、現在は参拝者が多いために荒縄使用は祈祷申込者だけのようです。

メディアにも紹介されて有名みたいですが、私が訪れた日は誰もいませんでした。

「子授」「良縁」「夫婦円満」などのご利益があるそうですが、荒縄使ったほうが効果が高そうですね!


西福寺

所在地:〒439-0009 静岡県菊川市吉沢523 地図

SR125と笹間川ダム【笹間川ダム湖】頭痛ツーリング+立ちくらみ★YAMAHA SR125前のページ

撃沈ツーリング【西福寺】桜紅葉で仕切り直し☆YAMAHA SR125次のページ桜紅葉とSR125

関連記事

  1. 酉のジャンボ干支とオートバイ

    SR125(2017年)

    2017ジャンボ干支「酉」とバイク写真☆YAMAHA SR125

    2017年2月3日、温暖な静岡でも寒い日が続いていましたが、こ…

  2. 斜めの地層とオートバイ

    SR125(2017年)

    バイクで地層と稲穂のある風景を探しに行く☆YAMAHA SR125

    2017年も厳しい残暑を覚悟していたのですが、9月に突入した初…

  3. タイヤに付いた黄色い花びら

    SR125(2017年)

    桜パトロール前の寄り道☆YAMAHA SR125

    2017年4月4日、今年は静岡でも桜の開花が遅れており、花見に…

  4. コスモスとバイク

    SR125(2017年)

    5年ぶり!満開コスモスと記念撮影☆YAMAHA SR125

    2017年9月下旬、彼岸花でも見に行こうかとSR125に乗車中、道端の…

  5. レタス畑前のSR125

    SR125(2017年)

    レタス畑のトンネル支柱と☆YAMAHA SR125

    2017年1月18日、静岡の冬の風物詩であるレタス畑のビニールハウスと…

  6. 久延寺の山門とSR125

    SR125(2017年)

    YAMAHA SR125で行く小夜の中山峠☆久延寺と扇屋の前で記念撮影

    2017年6月6日、SR125で小夜の中山 小泉屋に立ち寄った前回の続…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

  1. 思わず吹き出してしまいました(^^)
    ムヒカさんにしか書けないかも!
    いつも真面目にハ-ドなその記事にハマって、
    もう抜け出せません(笑)
    気になって、ぐるぐるまっぷで見てみました。
    そして、ツーリングして見に行ったムヒカさんの落胆を想像して、
    やっぱり、つい笑ってしまいました(^^)

    • ムヒカ
    • 2017年 11月 06日

    selenさん
    コメントありがとうございます。
    ご察しの通り私の落胆は大きなものでしたが、動機が不純だったせいか摩羅地蔵様に御姿を防御されてしまったかもしれませんね(笑)

最近の記事

  1. くねくねフック
  2. パッド付ひざ用サポーター
  3. ユリを見る女性ライダー
  4. オートバイと首だけカカシ
  5. 80年代ステッカー オートバイ

アーカイブ




  1. 灯台を目指すオートバイ

    20年目のビラーゴ(2013年)

    御前崎で、バイク写真☆20年目のビラーゴ
  2. きけん看板とオートバイ

    21年目のビラーゴ(2014年)

    姿消す戦争遺跡【第二海軍技術廠牛尾実験所跡】☆21年目のビラーゴ
  3. 耕された春の畑とオートバイ

    同じテーマのバイク写真

    【小さな橋】バイク写真撮影記録
  4. タンポポと2台のバイク

    SR125(2018年)

    カフェの駐車場で挑むバイク写真★原付二種&大型バイク
  5. virago

    23年目のビラーゴ(2016年)

    23年間所有したビラーゴとお別れしたその後
PAGE TOP