SR125(2017年)

マンフロットのポケット三脚&しくじりバイクファッション★YAMAHA SR125

2017年9月初旬、この日は地層へ行く前にもう一つ行きたい場所があり、そこでバイク写真を撮るためポケット三脚も持参したのですが、道に迷いまくったおかげで時間的余裕がなく見送ることに。。。

とりあえず以前から行きたかった地層前で、SR125とのバイク写真を楽しんだ事は以下に記載通りであります。


その後、そのまま帰宅しようかと思ったのですが、せっかく持参したポケット三脚を久々に使ってみたい衝動が起こり。

その時ふと思い出したのが、以前新聞で見かけた和田アキ子がバイクに跨っている写真でした。

上の写真は新聞に掲載されていた物と少々異なりますが、ほぼ同等の写真です。

地面に近い位置からのアングルは、マンフロットのポケット三脚を試すにはピッタリかと思い付き。

ちなみにマンフロットのポケット三脚は、ミラーレスカメラを初購入した2012年に購入しておきながらほとんど使っていませんでした。

マンフロットのポケット三脚

あまりにもコンパクトなので持ち忘れてしまう事が多く、時には存在すら忘れてしまったり。。。

せっかく使うつもりで持ち出したので、女番長のアングルをイメージして自撮りしたところ、珍妙な写真が撮れてしまいました。

衝撃の自撮り

突っ込みどころ満載ですが、自撮りするにはあまりにもファッションに無頓着でありました。

私はチョイ乗りオンリーという事もあり、暑さの加わる真夏に関しては更に乗車回数と距離も減るため、夏のバイクウェアは持っておりません。

そのため、着古したどうでも良い服を着てバイク乗車しているのですが、15年前のジーンズはバイク乗車時でも許されない域になっていた事を今回の自撮りで改めて気付かされました。

綿シャツもTシャツでは寒かったので適当に着込んだものですが、肌色という中途半端なカラーと時代を感じるジーンズの色合いが相まり、普通に撮った写真では直視し難い配色だったため、色合いを誤魔化すためにアートフィルターを使うしかありませんでした。

足元も強烈なガニ股ですが、普段はこんな状態で乗車しておりません。

液晶を見て「酷いな。。。」と思い、足を閉じた状態でも撮ってみたのですが、ガニ股の方が写真的には面白かったので敢えてガニ股です。

麦わら帽子は写真を撮る際に日除けとして持参したものですが、被ったまま自撮りしちゃったので珍妙さが増したかもしれません。

ちなみに麦わら帽子はベトナムで購入した折り畳み式で、携帯するには便利であります。

周囲は田んぼが広がっており、上記の服装は田畑の様子を見に来た農家の嫁という雰囲気なんですが、SR125が農家風ファッションに全く合っていない事も残念でした。

地層でバイクと自撮り
OLYMPUS E-PL3 / M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 / ドラマチックトーン

旦那にも写真を見せたところ、「バイクがカブだったら良かったのでは?」との感想に加え、普段あまり笑わない人なのですが声をあげて笑われました。

ブログのプロフィールに「素敵なバイク写真を目指しております♪」なんて記載しておりますが、まずは自分の服装を見直すことが先かもしれません。

散らかった私物

写真撮影中の私物も、誰も居ない事を良い事に事件現場みたいになっているのも美しくないですね。

到着時は「天然の竹ハンガーだぜ!」と上着を掛けてみたのですが。。。

陸上のクラウチングスタートみたいな体勢でカメラをセットし、急いでバイクに近付いた事を何度も繰り返したせいか、帰りは何故か膝が痛かったです。

今回、何となく試した自撮りですが、着古したジーンズとようやくお別れする決心がつきました。

肌色綿シャツともお別れです。

本日の走行距離 10km
写真撮影枚数 124枚

上記は極端な例ですが、こんなバイク乗車日もある自分にとって、バイクウエアを購入する意欲は低めで更なる珍妙ファッションが生まれる可能性の方が高いかもですが、己を知るためにもたまの自撮りは必要かもしれないと感じた出来事でした。

終わりにマンフロットのポケット三脚を紹介しておきます。

関連記事

  1. キンカンとSR125

    SR125(2017年)

    キンカンらしき実と記念撮影☆YAMAHA SR125

    2017年2月15日、3月になると空が霞んでしまうため、SR125で空…

  2. SR125と旧東海道石畳

    SR125(2017年)

    旧東海道菊川坂石畳前にて記念撮影☆YAMAHA SR125

    2017年6月6日、SR125で旧東海道菊川坂に立ち寄ってみました。…

  3. 駐車場に停めたオートバイ

    SR125(2017年)

    たまには実用的なバイク乗車を【2017走り納め】☆YAMAHA SR125

    2017年冬至、年内最後の乗車はいつもと趣向を変え、実用的な乗車をして…

  4. SR125とレタス畑

    SR125(2017年)

    女子カメラ風?☆YAMAHA SR125が淡い理由

    2017年1月18日、静岡の冬の風物詩であるレタス畑のビニールハウスと…

  5. 斜めの地層とオートバイ

    SR125(2017年)

    バイクで地層と稲穂のある風景を探しに行く☆YAMAHA SR125

    2017年も厳しい残暑を覚悟していたのですが、9月に突入した初…

  6. オートバイと桜

    SR125(2017年)

    咲き始めの桜と、バイク写真☆YAMAHA SR125

    2017年4月4日、桜パトロールと称し、桜の開花状況をSR12…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

  1. ムヒカさんの記事は、いつも楽しくて、
    今回は読みながら、ひさびさに声を出して笑ってしましました(^^)
    写真を心から楽しんでいて、とっても素敵です!
    実は私もジドリ挑戦中なのですが、こんなにムツカシイとは(^^;
    それがまた、すごく楽しかったりしますね!
    ジドリに新しい世界を発見しつつあります(笑)

    • ムヒカ
    • 2017年 9月 14日

    selenさん
    コメントすごく嬉しいです。
    今回の自撮り写真を公開するにあたり、ドン引きされて二度とコメントが来ないかも。。。と密かに怯えておりました。
    自撮りは中年には少々抵抗がある行為ですが、バイク写真に関しては乗り手あってのバイク風景が本来の姿では。。。なんて思いが出てきたため、今後も気が向いた時に試していきたいと思っております。
    selenさんのジドリも楽しみに待っております!







最近の記事

  1. 茶畑とオートバイ
  2. 灯台から眺めた御前崎海岸
  3. 御前崎でバイクと自撮り
  4. ごまパンとオートバイ
  5. 海岸とバイクのある風景

アーカイブ

  1. 桜とバイクのある風景

    YAMAHA SR125の記録

    鬼平犯科帳のエンディングに憧れて☆YAMAHA SR125の四季
  2. ススキとSR125

    SR125(2016年)

    ススキとセイタカアワダチソウとダンプカーと☆納車4週間のYAMAHA SR125…
  3. 茶畑でバイクと自撮り

    SR125(2018年)

    【セルフィー】茶畑に吹く風を撮りたくて★YAMAHA SR125
  4. 変電所とオートバイ

    SR125(2019年)

    【駿遠変電所】で、バイク写真☆YAMAHA SR125
  5. 福用駅とSR125

    SR125(2017年)

    大井川鐵道 福用駅にて☆YAMAHA SR125
PAGE TOP