SR125(2020年)

梅とバイク写真撮影を楽しむ

梅の花とバイク

2020年1月21日、バイクでジャンボ干支を見に行った際、暖冬のおかげか「梅ちゃん、咲いてる♪」といったシーンにたくさん出逢えました。

梅の花とは毎年のようにバイクと一緒に写真を撮っていますが、毎回苦戦しながらの撮影となっております。

今回も例年通りの苦戦ぶりでしたが、3年ぶりに同じ場所でのバイク写真撮影となったため、過去写真と比較しながら私個人が感じている楽しみ方について書き留めたいと思います。

同じ場所で撮る楽しみ

ジャンボ干支駐車場 バイクと梅

梅とバイク写真撮影に挑んだ場所は、3年前にも訪れたジャンボ干支の駐車場です。

ほとんどの方がジャンボ干支目当てのため、梅を見ている人は殆どおらず、バイク写真に挑むには好条件でした。

その時の記事⇒【ジャンボ干支(ネズミ)】と楽しむバイク写真撮影

晴天の昼時というのも3年前とほぼ同じで、写真を撮ろうとすると上写真のように光が入ってしまう状況も一緒でした。

梅の花は3年前の方が多く、今回は左端の木に部分的に咲いている状態でした。

さっそく梅が咲いている近くにバイクを停めて撮影開始ですが、その前に3年前の梅とバイク写真について遡りたいと思います。

違うレンズで同じ被写体を撮る楽しみ

梅とバイク
2017年2月撮影

3年前に挑んだ単焦点レンズ、SIGMA 30mm F2.8 DN(マイクロフォーサーズ)では非常に苦戦し、上写真が当時の精一杯でした。

当時はバイクと梅の両方をはっきり撮ることに必死で、梅の花を撮るにはバイクと梅に近付くしかないと思っていました。

結局、太陽に向かって写真を撮っている状態だったため、次第に紫外線による肌ダメージが気になり途中で諦めました。

諦めてバイクと梅から離れた時、少し離れた場所で撮ったほうが写真的には美しかったことを思い出し、2020年は過去にオリンパスのミラーレスを購入した時に付いていた望遠レンズ、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 Rで頑張ってみました。

同じ場所で同じ被写体を違うレンズで撮ってみると、画角が変わるので新鮮味があり楽しく感じました。

ちなみに上記に紹介した2つは安価な部類のレンズですが、軽さと気軽に扱える点ではバイク乗車時にはぴったりかと思ってます。

2020年「梅とバイク写真」撮影のポイント

  • 【光が当たって輝いている梅を狙う】

梅の花

少し離れた場所から眺めたほうが、光っている部分を見つけやすかったです。

梅って細々しているのでどこを撮って良いのか分からなくなることがあるのですが、今回は太陽の光が当たっている部分を狙い、バイクと梅がバランス良く収まる位置をひたすら探っていた気がします。

光が当たっているおかげで、まばらな梅の花がなんとか撮れたかなぁ。。。といったところです。

梅の花とバイク

バイクもウインカーやライトの辺りが光っていたのでその辺を狙ってみたのですが、なかなか思うように撮れずに冒頭写真や上写真が精一杯でした。

まだまだ改善の余地はありますが、3年前の窮屈さを感じる写真よりは少しばかりの前進はあったということにしておきたい。。。!

眩しいけど楽しいという感覚

バイクと旧家と梅2017年2月撮影
旧家とバイク2020年1月撮影

3年前の2017年は逆光による顔への紫外線ダメージをジリジリと感じ、2020年も逆光だった事はほぼ一緒なんですが、反射光の眩しさに耐えながらの写真撮影でした。

太陽の光って強烈で、2017年は最終的にセピア色の写真がいちばんよく撮れたと思い込み、2020年は途中でホワイトバランスを変えてしまいました。

光による眩しさで目の見え方が途中でおかしくなったとしか思えません。

2020年に関しては、写真の色合いは変えないほうが良かったかも。。。と感じる写真もありました。

毎度のことながら自宅で改めて写真を見るとガッカリすることがほとんどで、逆光に耐えながら試行錯誤していた時間は無駄だったのでは。。。と思ったりもします。

ただ眩しさを感じつつも写真を撮っている間というのは、眩しさ承知で夢中になっているので相当の楽しさは感じているはずです。

私の場合、日差しと眩しさと液晶を見続けている事で意識が集中を通り越し、最終的には感覚で撮っている事が多々あります。

ちょっとした肉体的ダメージを受けながら、朦朧としたような感覚で写真を撮っている被虐的な楽しみは、3年前から既に自分の中では確立されており、当時の記事にもさらっと書き留められておりました。

改めて文章で書くと危険な人みたいで恥ずかしいのですが、写真を撮る際、刺激物を飲用しているということはありません。

最近は飛蚊症が気になるし、太陽光は目に悪いので今後はほどほどに楽しみたいと思います。

終りに今回立ち寄ったジャンボ干支の地図を紹介しておきます。

ジャンボ干支

所在地:〒428-0009 静岡県島田市大代 県道 81 号線 地図

交通安全とタイヤ【ジャンボ干支(ネズミ)】と楽しむバイク写真撮影前のページ

バイク写真3選シリーズを始めます次のページネズミのジャンボ干支とオートバイ

関連記事

  1. ヤギとバイク

    SR125(2020年)

    ヤギとバイク写真撮影を楽しむ

    2020年2月4日、SR125でお散歩中、ヤギのファミリーを見…

  2. レタス畑の跡とオートバイ

    SR125(2020年)

    春の畑でバイク写真撮影を楽しむ

    2020年2月20日、2年ぶりにレタスのビニールトンネルを絡め…

  3. 菜の花とバイク

    SR125(2020年)

    菜の花とバイク写真撮影を楽しむ

    2020年3月19日、SR125で土手沿いに咲く菜の花を見に行…

  4. 白い桜とオートバイ

    SR125(2020年)

    白い桜とバイク写真撮影を楽しむ

    2020年3月26日、桜パトロールと称し、ソメイヨシノの開花状…

  5. ハクモクレンとオートバイと秘仏の看板

    SR125(2020年)

    【リラックス☆バイク写真撮影】バイクで旧家のハクモクレンに会いに行く

    2020年3月9日、SR125でハクモクレンを見に行きました。…

  6. 一本桜としだれ桜とバイク

    SR125(2020年)

    しだれ桜とバイク写真撮影を楽しむ

    2020年4月3日、桜パトロール第2弾と称し、SR125で桜を…




最近の記事

  1. 一本桜としだれ桜とバイク
  2. 菜の花とバイク
  3. 白い桜とオートバイ
  4. 菜の花とバイク
  5. バイク ゾロ目のオドメーター

アーカイブ

  1. アジサイとオートバイ

    20年目のビラーゴ(2013年)

    邪念に惑わされたアジサイとのバイク写真☆20年目のビラーゴ
  2. 桜とオートバイ

    SR125(2017年)

    時代劇の「必殺シリーズ」は写真撮影の参考になるのか?☆桜とYAMAHA SR12…
  3. virago250と笹間川ダム湖

    19年目のビラーゴ(2012年)

    晩秋の笹間川ダム湖にて☆19年目のビラーゴ
  4. 鉄塔とバイクのある風景

    SR125(2018年)

    鉄塔とバイクのある風景☆YAMAHA SR125
  5. バイクカバーをかけたvirago250

    SR125(2016年)

    YAMAHA SR125は軒下保管☆3年半前に購入したバイクカバーと新たなお手製…
PAGE TOP