SR125(2017年)

YAMAHA SR125で行く小夜の中山峠☆久延寺と扇屋の前で記念撮影

2017年6月6日、SR125で小夜の中山 小泉屋に立ち寄った前回の続きとなります。

小泉屋同様、以前バイクで出かけた時に手に入れたガイド資料を参考に、山門前での記念撮影目当て久延寺(きゅうえんじ)に行ってみました。

久延寺の山門とSR125
OLYMPUS E-PL6 / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ /

ぢつは少し前に訪れたばかりだったので、本当に記念撮影だけで終わりました。

2017年5月19日、SR125で東海道日坂宿へ行った際、旦那に様子と小夜の中山周辺マップを見せたところ「行きたい!」と言い出し、休日に車で久延寺も訪れた次第であります。

そのとき持参したカメラでは山門が入りきらず、別レンズで後日撮り直そうと思っての再訪でした。

千社札

山門にてちょっと変わった千社札?を発見。

その後、久延寺から少し離れた扇屋の前でも記念撮影。

SR125と扇屋
OLYMPUS E-PL6 / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ / ライトトーン

扇屋さんはこちらに記載通り、小夜の中山名物の子育飴を販売する江戸時代から続く茶店です。

扇屋さんを訪れるのはこの日で3度目となるのですが、初めて訪れたのは幼稚園時の遠足だった記憶です。

旦那と来た時は休日だったのでお店が開いており、店内を見た瞬間に幼稚園の時に訪れた記憶が一気に蘇りました。

扇屋の看板

子育て飴 看板

建物自体が当時のままだったので、尚更思い出しやすかったかもしれません。

子育飴を売るお婆さんが居た場所や飴が入っていた茶色い壺の位置まで思い出してしまい。

私は第二次ベビーブーム世代なので、当時はかなりの人数での遠足だったと思います。

扇屋さんへ訪れたのは子育飴を食べるのが目的だったため、お婆さんがひたすらマシンの如く園児一人一人に飴を渡し続けており、私もその流れの一部として子育飴を受け取りました。

子育飴は水飴なので壺に入っており、お婆さんが割り箸に付けて渡してくれました。

子育て飴

写真は休日に旦那が購入した物ですが、見た目は琥珀みたいで美しく、味は優しい甘味がありますが歯にくっつきやすいです。

歯があまり丈夫でない私は正直苦手で、幼稚園の遠足でも食べ切るのに難儀した記憶です。

当時は10円、現在は100円で食べられます。

すぐ近くにある久延寺ですが、遠足の時にきっと訪れていたかもしれません。

今回、久延寺に来たついでにお店が閉まった扇屋さん前でも記念撮影してみましたが、やはりお店は開いていた方が良いかもです。

SR125と扇屋
OLYMPUS E-PL6 / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ / ファンタジックフォーカス

休業の扇屋とSR125
OLYMPUS E-PL6 / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ / ファンタジックフォーカス

扇屋さんは土日祝のみの営業です。

周囲は紫陽花が咲いていたけど、まだ咲き始めとあって写真を撮るほどでもなく。

以上、2017年6月6日のSR125で出掛けた際の記録でした。

扇屋
所在地:静岡県掛川市佐夜鹿299 Google マップ

久延寺
所在地:静岡県掛川市佐夜鹿291 Google マップ

関連記事

  1. SR125のチョーク

    SR125(2017年)

    走り初めはチョークに翻弄されて☆YAMAHA SR125

    2017年1月7日、SR125の記録です。寒い時期に16日間放…

  2. 梅の花

    SR125(2017年)

    梅との記念撮影に苦戦!☆YAMAHA SR125

    2017年2月3日、SR125で静岡県島田市のジャンボ干支近くの河村家…

  3. SR125と西福寺

    SR125(2017年)

    西福寺の麻羅地蔵を目指して☆YAMAHA SR125

    2017年11月初旬、SR125で静岡県菊川市にある西福寺(さいふくじ…

  4. 田んぼと山とバイクのある風景

    SR125(2017年)

    稲穂パトロール・初夏~秋☆YAMAHA SR125

    2017年9月末、黄金色の稲穂と記念撮影した前回の続きとなります。…

  5. SR125とジャンボ干支

    SR125(2017年)

    2017ジャンボ干支「酉」と記念撮影☆YAMAHA SR125

    2017年2月3日、SR125の記録です。温暖な静岡でも寒い日…

  6. ハングライダー

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




最近の記事

  1. 日暮れの茶畑とオートバイ
  2. ワークマンファッションとバイク
  3. 牛舎とオートバイ
  4. バイクと千葉山智満寺
  5. 千葉山智満寺の階段




アーカイブ

PAGE TOP