SR125(2017年)

走り初めはチョークに翻弄されて☆YAMAHA SR125

2017年1月7日、SR125の記録です。

寒い時期に16日間放置されたSR125は最初エンジンがかからず、初めてチョークのお世話になりました。

SR125のチョーク

SR125のチョーク

SR125のチョークは2段階になっており、手前に1つ引いて始動しなければ、もう一段手前に引くというシステムであります。

上の写真は1つ手前に引いた状態だったかな。

ビラーゴ250のチョークはハンドルの左側に存在して判りやすく、操作もレバー方式で調整可能だったのに対し、SR125のチョークはヒューエルコックの隣りで場所的にも少々不便さを感じたり。

2016年は一度だけ1つ手前に引いた事があったのですが、今回初めて2段階のフル活用をする事になりました。

チョークについては納車時の説明で、使用したらレバーを必ず戻すようにと教えられ。

戻さないとバイクがダメになってしまうような事を言われ、良くわからなかったので質問したところ、バイク屋さんが説明するのが面倒だったみたいで「旦那さんに聞いてください。」とスルーされ。

とりあえずフルチョークでエンジンは無事始動。

何となくエンジン音が安定しない感じでしたが、走ってしまえば落ち着くかと思いそのまま発進。

でもなぜか減速したり停止するとエンジンが止まってしまうため、猛烈にアクセルを煽りまくってしばらく走行。

周囲に自分の存在を誇示しているようで恥ずかしさを覚えつつ、やっぱりこの状態はおかしいと感じ、ようやくチョークを戻していない事に気が付きました。

自分ではチョークを戻したつもりが全てを戻していなかったみたい。

途中ながらも気付いて良かった。。。!

もし気付かなければ、バイク屋さんからの年賀状を持参してお店へ直行していたかも。。。

ビラーゴ250のチョークもちょっとした癖がありましたが、SR125のチョークはまだ慣れるまでに時間を要しそうな気がしました。

チョークを戻したら2016年同様の安定した状態に戻ったので一安心。

SR125
OLYMPUS E-PL6 / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ /

2017年も安定した状態が続いてくれればと思います。

関連記事

  1. SR125と畑無の池

    SR125(2017年)

    暴走カメラでやっつけ撮影★YAMAHA SR125

    2017年11月中旬、静岡県菊川市の沢水加(さばか)にある畑無の池で記…

  2. 小さなプラントとSR125

    SR125(2017年)

    【工場昼景】NEWアイテムで挑む山の中の小さなプラント☆YAMAHA SR125

    2017年12月中旬、NEWアイテム【フィッシュアイボディーキャップレ…

  3. 笹間川ダム

    SR125(2017年)

    頭痛ツーリング【笹間川ダム湖】★YAMAHA SR125

    ずっと雨続きだった2017年10月ですが、2日間ほど快晴の日がありまし…

  4. 中標津土産

    SR125(2017年)

    YAMAHA SR125と秋の空

    SR125、ついに北海道進出か!?OLYMPUS E-PM…

  5. SR125と梅

    SR125(2017年)

    プリンセスに憧れて☆YAMAHA SR125

    2017年3月16日、3月の散りゆく梅とSR125を記念撮影した前回の…

  6. 桜とSR125

    SR125(2017年)

    必殺シリーズに憧れて☆上から眺める桜とYAMAHA SR125

    2017年4月12日、新芽が出始めた茶畑とSR125の記念撮影に挑んだ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




最近の記事

  1. ワークマンファッションとバイク
  2. 牛舎とオートバイ
  3. バイクと千葉山智満寺
  4. 千葉山智満寺の階段
  5. タンポポと2台のバイク




アーカイブ

PAGE TOP