SR125/2021年

バイクで巡るUNMANNED 無人駅の芸術祭☆大井川鐵道 抜里駅にて

大井川鐵道抜里駅とオートバイ

2021年3月19日、UNMANNED(アンマンド)無人駅の芸術祭を見学したく、SR125で大井川鐵道の抜里駅に行ってみました。

無人駅の芸術祭は、大井川鐵道の無人駅周辺を舞台に開催されます。

赤と白の横縞模様の幟が作品展示の目印です。

公式サイト:UNMANNED 無人駅の芸術祭

2021年は3月5日から28日の24日間で、数年前より毎年同じくらいの期間に開催されていた記憶です。

バイクで見学するには適した催しだと思っていながらも、ちょうど花粉症の時期と重なるため、見送る年が多かったです。

2020年に関しては、コロナウイルスの感染拡大で、出掛けるような心の余裕がありませんでした。

そんな中でもひっそりと芸術祭は開催されたようで、「今年こそは!」と思い、ようやく見学が叶った次第であります。

出掛けた感想としては、バイクで行って良かったと思える内容でした。

最大の目的であった、屋外アートとのバイク写真撮影を楽しめたことは、非常にエキサイティングなひと時でした。

アート以外でも周辺景色に癒やされ、写真をたくさん撮ってしまいました。

全ての写真をブログ掲載する頃には、無人駅の芸術祭も終わっていると思いますが、シリーズとして数回に分けて紹介したいと思います。

「白い地蔵」に会いたくて

大井川鉄道 抜里駅の白い地蔵

大井川鉄道抜里駅 白い地蔵とオートバイ

抜里駅に向かった最大の目的は、駅舎内に展示された白い地蔵でありました。

表情はないですが、白くてツルンとした形状に可愛いらしさを感じます。

私はこういう白い曲線状のものが大好きで、アザラシのゴマちゃん系のぬいぐるみにも激しく反応してしまいます。


少年アシベ GO!GO! ゴマちゃん 抱き枕 ぬいぐるみ コスプレ道具

抜里駅では小さな駅舎に加え、見学者もちらほら居たため、落ち着かないながらも白い地蔵とSR125の記念写真をなんとか撮影することが出来ました。

作品展示が多かった抜里駅周辺

駅へ向かう途中で見かけたカカシ
抜里 無人駅の芸術祭 カカシとオートバイ

抜里駅は白い地蔵を含め、今回の無人駅の芸術祭では作品展示がいちばん多い場所でした。

駅周辺には大小様々な屋外アートが展示されており、駅に車を止めて徒歩で巡っている方が多かったです。

徒歩だと歩く距離があるため、「バイクで巡るのはオススメだね!」と道行く方に言われましたが、その通りだったかもしれません。

ただバイクだと、カメラを後部シートに積んでいる私にとって、写真撮影はちょっと面倒な作業でありました。

現在はスマホでサクッと撮影するのが主流ですが、個人的には愛用のカメラでぢっくり撮影したかったのが本音であります。

そのため、今回は白い地蔵と別の屋外アートに的を絞っての写真撮影となりました。

白い地蔵の次に目当てだった屋外アートについては、以下の記事にて紹介しております。

6年半ぶりの抜里駅

2021年3月11日、一つ手前の抜里駅に行く予定だったのですが。。。
川根温泉笹間渡 駅名標

前週は道を間違え、笹間川ダムまで行ってしまったのは以下の記事でも紹介済みです。

帰り際に立ち寄った川根温泉笹間渡駅に、無人駅の芸術祭の作品展示はありませんでしたが、予定外の場所でバイク写真撮影を楽しめたのは良かったと感じております。

抜里駅は過去にバイクで出掛けたことがあったため、余裕で行けると思っていました。

でも、行こうとしたけど行けなかったため、過去に出掛けた時の記事を探したら、2014年の出来事でありました。

6年半近くも経過しており、行く前に道の確認くらいはすべきでした。

途中で前の車につられ、道を曲がってしまったんですよね。

走っても辿り着かないわけでした!

抜里駅にて電車撮影

大井川鐵道抜里駅 普通電車
フクロウと一緒に♪

大井川鐵道抜里駅と普通電車
大鉄に関しては、後ろ姿とレールが好きかもしれない


前週に撮り損ねた普通電車を間近で見ることが出来ました。

抜里駅は2014年秋、初めてSL撮影に挑戦した記念すべき場所と言いたいところですが、ホームが狭いため、別の場所での撮影が良さそうかと思ったり。

駅舎を背景に、同じような写真も撮っていました。

2021年
大井川鐵道抜里駅とオートバイ

2014年(Virago250)
大井川鐵道抜里駅とオートバイ

バイクは変わったけど、駅舎や周辺景色は変わっていないように感じました。

自分の写真も、あまり変わっていないことに気付いたり。

以下、2014年に抜里駅へ出掛けた際の記事となります。よろしければ。。。



抜里駅

所在地:〒428-0106 静岡県島田市川根町抜里 地図

ゾロ目のオドメーター オートバイオドメーター・ゾロ目の風景でのバイク写真撮影前のページ

屋外アートとバイク写真撮影☆無人駅の芸術祭:ちゃばらのカーテン次のページちゃばらのカーテン 屋外アートとオートバイ 自撮り

関連記事

  1. 桜とオートバイと自撮り

    SR125/2021年

    桜とバイク写真撮影☆セルフポートレート(自撮り)を楽しむ!

    2021年4月2日、大好きな散歩道の桜とのバイク写真撮影がよう…

  2. ツツジと藤の花とオートバイと女性ライダー

    SR125/2021年

    里山お散歩ツーリング☆初夏の花植物とバイク写真撮影

    2021年4月23日、SR125で里山を走行中、ピンクのツツジ…

  3. レンギョウとオートバイ

    SR125/2021年

    里山バイク写真撮影☆レンギョウの花・ツクシ

    2021年3月19日、レンギョウの花とツクシとのバイク写真撮影…

  4. ちゃばらのカーテン 屋外アートとオートバイ 自撮り
  5. オオデマリとオートバイと女性ライダー

    SR125/2021年

    遅すぎるツーリング宣言

    2021年4月29日、原付二種・アラフィフバイク乗り、遅ればせ…

  6. ゾロ目のオドメーター オートバイ

    SR125/2021年

    オドメーター・ゾロ目の風景でのバイク写真撮影

    2021年3月19日、SR125のオドメーターが【88888】…

最近の記事

  1. 百日草とオートバイ
  2. マスキングテープでテーピング
  3. ヘバーデン結節
  4. 橋梁とオートバイ
  5. 橋梁を通過する貨物列車とオートバイ

アーカイブ

  1. 桜とオートバイと自撮り

    SR125/2021年

    桜とバイク写真撮影☆セルフポートレート(自撮り)を楽しむ!
  2. 斜めの地層とオートバイ

    SR125/2017年

    バイクで地層と稲穂のある風景を探しに行く☆YAMAHA SR125
  3. パッド付ひざ用サポーター

    バイク用品・備品

    【膝用インナープロテクター】バイク乗車に100均のパッド付ひざ用サポーターを使っ…
  4. 旧住友赤平炭鉱立坑櫓

    北海道旅行記

    北海道☆空知の炭鉱遺産めぐり①【赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設&新十津川温泉宿泊記…
  5. 茶畑の洞穴とオートバイ

    SR125/2018年

    洞穴とバイクのある風景☆YAMAHA SR125
PAGE TOP