SR125(2018年)

【冬のバイクブーツ】女性だってワークマンの防寒ブーツを履いてみたい!

2018年11月下旬、タイトルの通り冬のバイク用ブーツとして、ワークマンにて防寒ブーツを購入してみました。

ワークマンに関しては、今秋あたりからニュースや雑誌等で女性に人気的な記事を度々見かけるようになり、過去に流行して人気が定着したユニクロやしまむら的な存在になりそうな勢いすら勝手に抱いております♪

バイク乗車でも使える手軽なブーツを求めて

温暖な静岡県なので、SR125を購入してからは冬でも天気が良ければバイク乗車することもあるのですが、近距離乗車メインでたまにしか乗車しないバイク生活を送ってきたため、冬のバイク靴がなくて当初は困っておりました。

バイク購入を機にブーツも新調しようかとバイク用品店に行ってはみたものの、女性用は種類が少なかったり足枷のように重かったり、価格も高価でこれといった物が見つからず、しばらくは自宅にあった履いていないブーツで間に合わせていましたが、経年劣化と乗車時の操作でどのブーツも見事な壊れっぷりで直ぐにダメになっておりました。

元がバイク用ブーツではないから当然の結果なのですが、近距離乗車メインの自分には本格的なバイク用ブーツは大袈裟すぎるため、何か良いものはないかとネットで調べていた際に目に留まったのがワークマンの防寒ブーツでした。

防寒ブーツ ラークス
防寒ブーツ ラークス BB662 2018年モデル

バイク用として通用するかを検証したブログ記事に興味を持ち、自分も是非とも試したい!と思ったものの、当時見かけた記事ではバイク乗車用として試しているのは男性ばかり。

加えて男性用作業着という印象が強かったワークマンに女性用のサイズ展開は無いだろうとお店に行く事もしないで勝手に決めつけて諦めておりましたが、最近のワークマン人気でお店に出向く決心がようやく湧き上がり。

ワークマン防寒ブーツMサイズは24.5~25cm

私の本来の靴サイズは24.0ですが、水虫と冷え性対策のためオールシーズン五本指ソックスを履いており、冬はその上に厚手のソックスを重ね履きするため24.5となっております。

ワークマンの防寒ブーツでいちばん小さいサイズだったMを試し履きしたところ、上記の条件で思いのほかジャストフィットでした。

店頭に詳しいサイズ表記はなかったですが、サイトにはMサイズ:24.5~25cmとの記載があり、自分の足のサイズに十分対応している事が判明。

こんなことだったらもっと早くワークマンに出向くべきだった。。。!

履き心地は思いのほか柔らかく、バイク乗車時での操作は履いた瞬間に可能だと感じました。

ただラバー部分と靴底が少々薄い印象に思えたのですが、そこは以前見かけたワークマンブーツをバイク用として通用するかを検証したブログ記事を信じることに。(検証結果は通用する!だったので。)

ちなみに私は脱ぎ履きの面倒な靴ひもタイプのブーツは敬遠しておりますが、靴ひもを緩めにしておけば長靴のような脱ぎ履きが可能でした。

色は他に黒もありましたが、個人的には茶色の方が見栄えよく感じられました。

ついでに同じくワークマンにて、羊毛インソールも同時購入。

羊毛インソール

こちらのインソールを今回購入した防寒ブーツに入れたところピッタリでした。

インソールのサイズはMで25~25.5cmとなっており。

第一印象で薄さを感じた靴底も、羊毛インソールを入れることでクッション代わりとなって快適さと暖かさもUP。

ただ羊毛インソールを入れた状態で五本指+厚手ソックスだとサイズがキツかったので、羊毛インソールを利用するなら靴下は薄手で十分かと感じました。

ワークマンブーツとビーンブーツの比較

夏の終わり、セールで安くなっていたビーンブーツを購入。

ワークマンの防寒ブーツ(下)とビーンブーツ(上)
ワークマンブーツとビーンブーツ

脱ぎ履きの便利さ重視でサイドゴアを選んでみました。

ビーンブーツのサイズは女性用の7ですが、ワークマンの防寒ブーツMとほぼ同等かと感じました。

ぢつは可能ならばビーンブーツでバイク乗車も目論んでいたのですが、実際に試すことなく自分のバイクでは無理があるように思えて見送りました。

見送った理由に、つま先の厚さとブーツ自体の固さが気になりました。

それに比べてワークマンの防寒ブーツは軽さと柔らかさと足へのフィット感が抜群でした。

ビーンブーツは普段履きとしては良いですが、バイク乗車となるとワークマンブーツの方がシフトやブレーキ操作がしやすいと感じました。

ワークマンの防寒ブーツでバイク乗車した感想

ワークマンでお買い物をした翌々日、さっそく購入品の実力を検証。

同時購入した羊毛インソールは厚手ソックスでは無理があるため、以前100円ショップで購入した冬用インソールを忍ばせてバイク乗車したところ、初めてなのにずっと前から履き込んだようなフィット感で予想通りバイク乗車時でのシフトやブレーキ操作は問題なく行えました。

ただ靴底の感覚が足裏に多少は伝わる分、バイクの振動が長距離乗車だとちょっと響くかもしれません。

私は近距離乗車メインなので許容範囲ですが、靴底が厚くてシフト操作の感覚が足に伝わらない履物よりも、バイクの振動で足の裏が痒くなるくらいの方が気持ち的に落ち着きます。

ちなみに停車した際、靴底が地面を捉える感覚は、今まで間に合わせで履いていたスニーカーやファッションブーツにはないものでした。

バイク停車時
私はバイク写真が趣味なので、ポイント探しのため頻繁に停車することがあります。

間に合わせの履物では、細かい砂利で滑ることが多々ありました。

幸いにもバイク乗車中に転倒した事はまだありませんが、バイクを降りて散策中に転倒した事は2回あり、どちらも履いていた靴が原因でした。

靴が原因で転倒した記事
【事任八幡宮】太鼓橋でバイク写真☆納車1ヶ月のYAMAHA SR125
バイクで千葉山 智満寺(上り坂&参拝編)★21年目のビラーゴ

ワークマンの防寒ブーツだったら、バイクを降りた際の散策時でも十分に活躍してくれそうです。

ワークマンの防風ウォームパンツでバイク乗車

ちなみに防風ウォームパンツもついで購入。

防風ウォームパンツ

防寒ブーツ同様、お店で最後の1つだったのでつい。。。わたくし、最後の1つに弱いのです。

ウエスト64cmだったら余裕かと思いきや、細身タイプのせいか思いのほかピチピチでした。

ストレッチ素材だから大丈夫かと思い、出掛けに屈んだ拍子に「プチん!」と何かが切れるような音がしたのですが、ワークマン商品を早く試したくてそのままバイク乗車。

帰宅後に確認したら、太ももの裏側にある表側の縫い目が両足ともぶっちぎれておりました。

肝心な場所が破れていなくて良かったですが、切れた縫い目が何のためにあるのかが自分にはよく分からず、とりあえず切れた場所から尻と太ももの裏側にかけて存在した縫い目を取っ払う手間を強いられました。

シルエットはブーツインしちゃうからスキニータイプでなくても良いかと思ったのですが、しっかり押し込まないと乗車中の操作で出てきちゃいました。

ワークマンファッションとバイク
靴ひも締めれば良いのですが。。。

こんな緩めの状態でも乗車に支障はなかったので、ブーツに関してはしばらく様子を見てみたいと思います。

防風ウォームパンツは購入しやすい価格と最後の1つに気を許してしまいましたが、個人的にはやっぱりスキニータイプが良かった気がしないでもないので、今度はしまむらのスキニータイプの防風パンツを試したい気持ちが湧き上がっております。

防寒に関しては2018年は冬がなかなか来なかったため、防寒ブーツも含めて秋だったら大丈夫そうかと感じました。

初冬の茶畑にて
バイクと自撮り
CASIO EXILIM / EX-FR100 /

初ワークマンでのレビューが長くなったので、バイク写真の記事は次回に持ち越します。

関連記事

  1. 茶畑の洞穴とオートバイ

    SR125(2018年)

    洞穴とバイクのある風景☆YAMAHA SR125

    2018年3月23日、SR125で静岡県牧之原市の【東萩間公会堂】へ出…

  2. 芝桜とオートバイ
  3. バイクとさるぼぼ

    SR125(2018年)

    バイク走行中に出会った【さるぼぼ】☆YAMAHA SR125

    2018年11月2日、時期的に秋祭りが多いようで、バイク走行中に見かけ…

  4. レタスのビニールハウス越しの桜とバイク

    SR125(2018年)

    【桜咲く散歩道】YAMAHA SR125

    2018年3月3日、静岡県の冬の風物詩的な風景であるレタス畑のビニール…

  5. 亥のジャンボ干支とオートバイ
  6. お茶ぼっこ

    SR125(2018年)

    バイクで行くカフェ【お茶ぼっこ】☆山道沿いのピラミッドを目指して

    2018年11月2日、温暖な静岡でも数日前に冷え込みを感じたため、2年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事

  1. だいだらぼっち広場とオートバイ
  2. バイクと茶畑
  3. 亥のジャンボ干支とオートバイ
  4. 芝桜とオートバイ
  5. オートバイと冬紅葉で自撮り




アーカイブ

PAGE TOP